新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
改めて驚くほどのことでもないかと。
人気 Picker
衛星がこれだけ打ち上がっていて、撮影や画像解析の技術も高くなっている時代です。たぶんアメリカはずっと前から特定していたし、何なら全て丸見えなのだと思います。一般に公開してる画像しかないわけありません。

なので、このニュースも特定したこと自体より、あえて発表して突きつけてきたことがポイントなのかと。トランプはアクティブ過ぎる交渉家ですね。
元となっているのは北朝鮮の核・ミサイルに関する衛星情報を長年分析し続けてきたJoseph S. Bermudez Jr.氏を中心とするレポート。米CSISはデジタル・グローブ社と協力して特定地域・サイトの画像分析を続けている。こうした日々の努力をCSIS関係者から直接聞いている。米情報当局との協力の度合いは不明だが、民間研究所としての分析レベルは瞠目すべき。
民間シンクタンクのCSISが把握できているのであれば、CIAやペンタゴンはとっくにお見通しですよ、というメッセージなのか。北朝鮮は米国に攻撃されるという名目でリストを出していないが、これでは時間稼ぎのためにやっていると言われかねない。
そもそも、北朝鮮が公表していないミサイル開発施設が約20ヶ所もあるんですね。
北朝鮮は着々とミサイル開発・核兵器開発を進めているような気がする。トランプ政権や韓国もナイーブな外交政策はそろそろ諦め現実的な政策を取った方が良い。中距離ミサイル開発で韓国や日本の米軍基地、韓国軍や自衛隊基地を攻撃する能力を確実に高めているはず。
アメリカは、北朝鮮と仲良くしたいのか、喧嘩したいのか、よくわからん。
CSISの仕事の幅が広い