新着Pick
745Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お客様の行動データを取得してリアルタイムにコミュニケーションすることの重要性が高まっているが、その前に顧客の購買分析をきちんとやって、インサイトと仮説を多く出した方がいいと思う。どういう顧客がどういう頻度でどういう理由で何を買っているのか等理解した方が打ち手が豊かになる。そうしないと、表面上の行動に振り回されて打ち手がマイクロ化して複雑になるばかりで、施策の効果も相殺し合い、インパクトが見えにくくなってくる。一回の購買率を上げる施策よりもLTV(life time value)を上げる施策の方がインパクトが大きいので、まずは顧客購買分析に基づいた骨太な施策から着手したい。
Speee大宮さんの言われる「解決法はデータに潜んでいて、データは解釈を加えなければ意味がない」と言うのはおっしゃっる通り。例えば、位置情報は場所の意味合い(解釈)を付加することで活用しやすくなりますよね。
一方で顧客の行動データというのは複雑になっているけれども、データだけで解釈するのは難しい。これに関しては、見る人を変えるれば解釈に深みがでることがあるし、今後は実店舗を持っているなら接客のヒアリングを意味合いとしてデータに持たせられないかなと思います。
マーケターが見てわからないことも、例えば、営業や店舗スタッフだと即座に理解できることもあるわけです。
また、行動は複雑でも顧客の心理は1つしかなかったりするわけで、行動データと動機を紐付けていけば、予測モデルも作るやすいのでは?と思います。
Speee大宮さんにサポートしてもらって、モチベーションクラウドのサービスサイトのCVR が5倍になりました。データをもとにPDCAサイクルを回す力が凄いです。
Speeeさんのマーケティングデータをベースにどんどん新規事業を立ち上げて行く戦略は、将来起業したいけど何をしていいかわからない人にとってはすごくいい環境だと思う。
いきなり奥谷さん出てきて、何故だかちょっと笑ってしまったけど、speeeさんの記事だった!個人的にはそのデータがちゃんと顧客に還元されてるか、という当たり前のポイントが見失われがちだったりすると思うので、個人や家族にいかにその価値が可視化され、顧客自らデータを活用していくかまでいけると面白いなと思ったりします。
自分はもっと広義の役割が必要だと思っていて、一つはマーケットネットワークを作ることだと思います。デジタルマーケティングは枝葉の話なので、マーケットを作っていく発想がより重要かなと思います。
この言葉とてもいいですね。
「解決法はデータに潜んでいて、データは解釈を加えなければ意味がない」
とてもすばらしいチャレンジだと思います。応援してます!