新着Pick
1054Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食べログ側も色々と言い分はあるのでしょうが、この記事を見る限り店舗側が望んでいない手数料の徴収というのは中長期的には機能しないと思いました。顧客の問題を解決するのがマーケティングだとネスレの高岡さんはいつも言ってますが、消費者の問題を解決しても、もう一方の顧客である店舗は解決するどころか問題を発生させている訳ですから、このサービスは修正が迫られると思いました。
飲食店から不満が出ていると言うが、消費者側である僕も、この手のサービスの評点やクチコミは信用していない。実際のところ飲食店を獲得するために悪い口コミは契約違反だ等々の意味不明な理由で削除されることが多いと聞く。僕も、あまりにひどい対応を受けた店についてコメントしたら、何度表現を変えても削除されたことがある。

そもそもこの手のサービスが寡占になると、いわゆる「優越的地位の濫用」に陥る可能性がある。その結果が店舗側の不満であり、消費者側の不満でもある。こういうことこそ、行政によって適正化が図られることを期待する。
私もこの手の評価サイト、レビューサイトはまったく見ないんですよ。

みんなの評価が高いから行く、評価が低いから行かない、というのでは、なんだか他人の人生をなぞっているだけのような気がして自分の人生が味気なくなってしまうんですね。

自分は自分の評価軸でもってお店選びをしているので、評価が高くても行かないし、低くても自分が好きであれば通い続けています。
確かにコストは増加しましたが、それでも「1組辺り集客コスト」は他ポータルとして比較して3分の1くらいで済むことが多いです。その為、色々と思いあれども使い続けるという。
食べログは新規集客として活用しつつ、リピートは自社媒体で。ホテル業界と似ていますが、このような流れです。
たまたまアンチの方々が上位コメントになっていますが、これだけの媒体力を持っているのは消費者には支持されているということ。個人的にもヘビーに使っていますし、予約までできる店はやはりありがたい。なんだかんだ言って3.5あると外れ確率はぐっと下がりますからね
金をとれば飲食店に嫌われます。ある意味当たり前で、記事を読む限り基本はそれを言っているだけな気がする。「悪評立てられたくなければ金払え」みたいな営業のやり方が無いかは監視が必要ですが、プラットフォーマーに利益がいってしまうのは仕方ないことかとは感じます。
最近、特に地方では、google mapsの方が評価や口コミの数が多く便利です。また、地方に行くほど、両者の口コミスコアの乖離が激しいです、、、。Rettyもありますし、食べログ一強じゃなくなってきましたね。
飲食店の評価インフラが実質的に食べログ一強になっており(Rettyもありますが、とても対抗軸として機能しているとは言いがたく)、それゆえにその評価維持に血道を上げるという店舗姿勢がにわかに強まっているという実情があります。

夜な夜な自分の店のネガティブレビューをチェックしては運営側に報告したり、犯人探しに勤しんだりして、素晴らしい店だったものが酷い店になってしまった例もあります。これは「超有名店になってしまえばあとは一見客で回せる」という実情がそうさせているのだと思いますが、本当にお店選びに長けた人(舌の肥えた人)からは見捨てられていると見受けられます。飲食店経営を始めた時の矜持からはきっと耐えがたい状況のはずですが、やはりお金が絡むと話は別・・・という方が多いのでしょう。悲しい傾向だと思います。
お金の取り方に難がありますね。
予約だけでなく、食べたかどうかを把握しないといけない。
そしてその為には、食べログアプリで決済まで出来るように
しないと。

あと一人いくらはじめキツすぎます。

競合が乱立しているなか、川上からの収入にシフトするのは悪くないが、これでは食べログを使いたくない飲食店が増えるだけだ。

大変かもしれないが、イノベーションとセットで課金しないと、短期的には潤うが、プラットフォームのベースが崩れてしまいそうです。
食べログは、店舗も顧客もユーザー。嫌われ過ぎれば、未来はない。
マネタイズは必要なことだし、企業としてマネタイズを進めても「離れられない」という障壁を作るのも企業努力。一方、嫌っていても離れられない状態であれば、代替物が生まれれば離れる。

個人的には嫌っている人もいるというファクトに鑑みれば、新規参入余地があるということだと思う。
最後は店舗・顧客という双方のユーザーが決めること。もちろん、好きだから続けるユーザーが多いというのも障壁の一つ。色々な形の障壁があり、どういう障壁を作るかがサービス・企業の経営そのもの。
食べログ上での即予約システムを利用した場合のみの「課金」なので、ある程度はやむを得ないのではないでしょうか?

ただ、ランチで100円はちょっと高いと思いますが…。
株式会社カカクコムは、日本のインターネット関連サービス事業を行っている、デジタルガレージ傘下の企業である。東京証券取引所一部上場。代表取締役社長は畑 彰之介。 ウィキペディア
時価総額
5,414 億円

業績