新着Pick
500Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしいサービスですね。細切れの空き時間とそれぞれの方が生活するロケーションが掛け合わされ、有用な地元だけのデータが入る。

これは駐車場シェアリングサービスをする弊社も是非ほしい情報になります。
シニア層や主婦層の社会参加を促す形となっていて素晴らしい!
「アナログ×デジタル」のインフラ整備の今後の広がりにも期待したいです!
なぜこんな検索しにくい会社名にしたのかしら。
オリエンタルラジオというコンビ名はGoogleで1件もヒットしなかったことを確認して決定したというのに。


オリエンタルラジオ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA
こういうのいいよね
主婦・シニアの時間を活かし地図情報をアップデートしていく。シェアリングエコノミーという面でも、ネットビジネスという面でも、まだまだ発展する領域があると思わせるサービス。
クラウドソーシングの仕組みの一種として、非常に興味深いです。
不動産情報サイトでも、こういう情報への潜在的ニーズは高いようです。
「不動産テック」特集の記事にもコメントしたが、いまはやはり「オンラインに載らない情報」の相対的価値の上昇に注目が集まっている。当然そのビジネスの「スケーラビリティ」と「ROI」が今後の成果の分かれ目だが、狙いとしてはとても理解できる。

10年以上オンラインビジネスの世界に身を置く僕自陣が、一歩引いたマクロな視点からこの事象を見ると、やはり気になるのは、「オンライン情報の相対的価値の低下」である。それは、情報の量的な増加が生み出すインクリメンタルな価値増加がフラットになっているだけでなく、その情報量増加か生み出す負のインパクトのほうが大きくなってきているということなのだろう。それを、単なるノイズ増加ということだけではすませられないと思っている。オンライン情報はこのまま信頼性低下の一途を辿るのかどうか、この業界に身を置く者として、いま真摯に向き合わないといけない大きな課題だと思っている。
この発想自体、他の領域でも多く活用できそうですね。