新着Pick
346Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これ、あとで詳しく考えよう。
人気 Picker
WeWorkや、この記事で触れられているOpendoorなどの「不動産テック」、実はつい最近までなぜSBなどがこぞって投資に走っているのか、お恥ずかしながらてんで分かっていなかったのだが、ある視点をもとにすれば少なくとも自分のなかでは合点がいくようになった。

有り体に言えば、やばり鍵となるのは「データ」。オンラインの情報空間は、ここ20年で膨大な規模に拡大したが、一方で大量のノイズも生み出すことになり、オンライン情報そのものに対する信頼感が相対的に下がってきているとも言える。そんななか、オフラインの人と人がリアルな場所でやり取りする情報、そしてオンラインには載ってこない「生」の世界に根ざした情報は、どうにしかしてそれを得る仕組みが必要になる。そして、そのオフライン情報へのアクセスに希少性があればあるほど、ビジネス価値も高くなる。

割高な入居料を払ってまで、なぜスタートアップならず大企業までWeWorkに入りたがるのか、そしてその場を提供するWeWork自身の競争力とはなんなのかと考えると、それは僕のようなオンラインずぶずぶの人間にはなかなか理解できなかったオフラインデータの価値が見えてくる。Post-internet時代のデータクローラーといえば良いのかも知れない。WeWorkの場で行われる会話やネットワーク環境内でやり取りされているトランザクション情報は、外のパプリックウェブには決して流れてこない情報。しかも、そこに参加する人々がもともと持つ情報の希少性が相俟って、その情報価値はますます上がり、その場の情報吸引力はますます上がる・・・。

少し抽象的になってしまうが、このあたりが「不動産テック」の肝なのかなと個人的には思っている。
規制に守られている不動産業界ではありますが、テクノロジーの浸透は徐々に業界の構造を変えつつあります。

単純な仲介機能のみしか提供できないエージェントは徐々に厳しくなり、高度なアドバイスを顧客に提供できるエージェントが生き残っていくという流れは、もはや後戻りできないようです。
不動産テックでかつてからあった、不動産ポータルのZillowなどは「買い手が検索して検討する」サービス。ここは日本にも大きなプレイヤーがいます。

一方で今回ビジョンファンドから出資されたOpendoorは「売り手が登録した案件を査定し、最短で買い取って転売する」モデルで注目されてます。その領域に今年からZillowなども参入してきているため、Opendoorは資金調達をして加速させています。日本でもカウルなどがこのあたりを担っていこうとしているようです。
2年前から注目されていた「Opendoor」が、ついに日本でも。

https://www.opendoor.com/

こちらの2分間の映像をみると、インパクトがわかります。ただ次に控えているのは、ブロックチェーンによる、すべての不動産の証券化。当然、日本の不動産テックの会社は、そこを見てます。
ビジョンファンドが投資した不動産テック(ReTech)中では、
カテラ(https://katerra.com/)に注目しています。

垂直統合のゼネコンですが、徹底したIT化と自社生産が特長です。
17日で3階建てアパートが立ち上がったビデオには驚きました。
https://www.youtube.com/watch?v=Zhj2zxdAd8U
ジャストインタイム的な工場~物流~施工まで最適化され、
建設資材だけでなく設備やインテリアまで一貫施工しています。

日本のハウスメーカもやっていることは近いですが、
自社ブランドで統一した資材供給と施工はまだありません。
日本でもチャンスあるかもと思います。
ただ、施工の際の土地形状や地盤の制約が相当厳しく、
設計も耐震含め米国より難しそうです。
IT化が進んでいない業界の破壊者へ、ビジョンファンドは積極的に投資しているのがよくわかります。

不動産業界もそのひとつ。査定から融資、管理まで幅広い収益源がそこには眠っています。
不動産領域や旅行業界は、テクノロジーによる改善余地が大きそう。
同時に、地域に結びついた事業だからこそ、テクノロジーへの移行が難しく、改善余地が大きく残っている、とも。
あまり移動を前提としない社会が、どんどんリキッド化されて人が動くようになってきた。企業も成長する企業は年間に1ー2度引っ越しをせざるを得ない嬉しい悲鳴な状況である。
とするともはや移動の頻度が低いことを前提としたサービスではとても不便だ。敷金問題、引っ越し問題、どんどん解決し悩みを減らしていってほしい。
テクノロジーとかデータと言ってはいるものの社会や人が不動産業界の外の影響を受けこうなっていると読み解くのが良いと思います。
既存のマッチングに不満を感じる買い手と売り手がいる業界は、
ニュービジネスの機会がある。
不動産テックはその一つ。
Opendoorのモデルは、これまで物件が売れるまで次の住宅ローンが付かなかった層に対して、キャッシュで即売という圧倒的なメリットを提示して急成長中。コストがかかってもスピードと簡便さを重視したい顧客のニーズを見事に捉えたモデル。買取り型はバランスシートが重要なため、金利の上げ局面など、今後のファイナンス戦略にも要注目。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.7 兆円

業績

業績