新着Pick
1166Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
記者の方の本心が分かりやすすぎて逆に好感の持てる、コラム的な記事でした。
やっぱり全体的に日本人は現金決済に対して「そもそも大して困ってなかった」というのが中国との圧倒的な差のように思います。が、だからといって中国のQRコードによるキャッシュレス化を「お前らほんとは大変なんだろ?」というのは結局嫉妬に近いですけどね。「クルマ買うと事故が心配だろ?」と言ってるようなもんです。そりゃそうだけども、と。
それでも、これからは嫌韓、嫌中的な記事の他にこういう「中国に抜かれていく悔しさ」を埋めるような(記事中のことばをかりれば、溜飲を下げるための)記事が増えていくでしょうね。それはそれで日本の上半分、50代以上の日本人の気持ちに寄り添ってると言えなくもないか。
北京に住んでいる私は毎日何度もモバイル決済を使っていますが、QRコードを読み取った瞬間に決済されるという経験はありません。必ず指紋もしくはパスワードでの認証を要求されます。

また、「モバイルウォレットから18万元(約288万円)が消えてなくなった」とありますが、アリペイもWechatも確か一回での支払額に制限があり、そんなに多くの金額は一回では支払えなかったはずですが、どのような仕組みなのでしょう。

犯罪者は認証機能や限度額などのシステム自体に何らかの手を加えているということでしょうか?とても興味深いので、筆者には是非この仕組みを解明していただきたいです。

ちなみに私は「震える指でスマホの決済ボタンを押している」ことはありません。
結論ありきで批判する為に重箱の隅よろしくで批判記事を集めてまとめました、みたいな内容ですね。ご本人の経歴見ても中国の日本人向けフリーペーパーの編集長とかなので、中国によく居る、在中年数は長いけどほとんど日本人村から出てない人、の印象を受けました。
ツッコミどころ満載のネタ記事としては面白いと思います。
って、こんな記事が総合トップの二番目に来るんですね。驚きです。
動的QRコード(決済ごとにQRを生成するタイプ)と比べ、静的QRコード(写真に出ているような、プリントされたQRコードを読み取るタイプ)は確かにセキュリティに難があり、勝手に張り替えられて別のアカウントに振り込ませるという事件はありました。そこで中国では法律で1回の支払い額の上限を500元までに定めています。

ただ根本として、現金とは違い、モバイル決済は資金移動がきわめて明瞭であり、かつ各口座が実名認証されているので、金を盗んでもそのまま逃げ切ることは大変難しいようです。

正直、この記事は中国キャッシュレス決済の問題点を無理矢理集めて過大に煽っている感がありますね。
問題が起こるのがダメではなくて、改善するきっかけを意識するのに中国はロールモデルになるよと間接的に教えてくれる記事かなと。あと酒井さんのコメントに、あーそうだなーと思うことが多いです。読み手が受けそうな記事になることも大事ですもんね。。
QRコードはセキュリティ低いという話です。

犯罪者は次々に脆弱性を見つけるのは当たり前の話ですので、それに対してユーザの安全教育も必要ってことでしょう。

仕組みについてよく分かりませんが、確認せず読み取りするだけでお金とられるのはシステムがおかしいでしょう。

日本も導入した場合、そこらへんはちゃんとやって欲しいですね。

【追加】
西村さんのコメントは勉強になりました。さすがに確認ボタンや制限が実装されていますね。
現金よりQRコードの方が偽造されても気づきにくいですよね。なんでもQRで決済してしまうのは結構危険だなと思います。
想定の範囲内の闇という感じもしますが、日本でも普及すれば同様の犯罪は起こる可能性はあると思う。「一大実験」を先行して行ってもらっているものをしっかり検証して、日本人に合わせたものを作っていく必要性があるだろう。インバウンドへの対応との調整は必要になってくるとは思いますが。
私がNewsPicksでコメントを書き始まるの初心と言うと、「中国に何かが起こってるをなんとなく知ってますが、変な理解になりました」のような記事は発散してるから、黙ることはできないです。

「モバイルウォレットから18万元(約288万円)が消えてなくなった」と書かれたですが、実はalipayもWechatも一回での支払額に制限があり、この金額は一回では支払うのは無理です。

「充電した瞬間に残高がなくなるという被害もあるらしい」と書かれたですが、この神のような技術の仕組みが分かったら、逆に教えていただきたいです。

「中国の国産スマホで大丈夫なのか」の部分も、同意できるなところはほぼゼロですから、どこから反対意見を書くのは分からないです。。。
モバイルデバイス診断企業ブランコは「2017年第2四半期、IOSアジア市場の故障率は60%」も発表したこともありますよ、みんな同感でしょうか?携帯の故障率は、温度が高いやイヤホンの故障も含まれてます。「シャオミは14%の高い故障率」=「100台あれば14台が壊れる」って言えますか?ちなみに、「シャオミは14%の高い故障率」と書かれたレポートに、「サムスン」の故障率は27.4%も書かれました。

QRコードを使って犯罪行為を行うことが確かにあります。店頭で貼ってるQRコードの上にこっそり自分のQRコードを貼り付けとか、他人のQRコードを写真を撮って支払いに使うとか、ちょっと気をつけなければ窃盗事件になれないです。現金使いも同じです、財布の中身を他人に見せたり、ちゃんと鞄に収納してないたり、いなくなるの可能性が高くなるんでしょう?

QRコードに関する犯罪行為は「QRコード」のせいとしたら、電車でナイフを振舞って怪我人を出るのはナイフのせいと一緒です。
決済に際してどこまで規格を準備しているかという点も未熟なのかと思われます。
決済に付随するトラブルやイレギュラー対応に対してレギュレーションもかなりアバウトな印象は受けます。
だから、少額決済向けなのではなかったかと…
QRコードが、世界で一番優れている!という論調は、昨年に比べて少なくなりましたね。
今までの期待感が高すぎたのではないかと思います。