新着Pick
1945Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ニューエリート、という言葉に若干抵抗感はありますが…(笑)。画一的なエリートに対する概念を捨てて、一人一人の子どもがその子らしく生きることを肯定する、という考え方なんですよね、きっと。

特に記事内の以下のコメントにとっても共感します:

「子どもが何かに夢中になっているときは、親が口を出して邪魔しない方がいいよね。そうすると、集中力が高まる。」
「僕も、10歳まではしっかり遊ばせた方がいいと思いますね。そして、世代や立場を超えた人間関係にもまれることも大事です。」

何れにせよ、幼少期からのお受験が、壮大な時代錯誤になりつつあることは、間違いのない事実だと思います。記事内で親の価値観が重要、とありますが、そのためにも受験や就職戦線が変わらないといけませんね。
お二人のWEEKLY OCHIAIを見ていただくと、さらに多くの学びがあるはずです!

高濱正伸「父親をアップデートせよ」
https://newspicks.com/live-movie/229/

藤原和博「幼児教育をアップデートせよ」
https://newspicks.com/live-movie/198/
これは本当にそう思し、そんなに難しくない。例えば、英語ができて、中国語ができて、プログラムができる。これだけで100万人に1人。VR/ARに詳しい、ブロックチェーンに詳しいとかでも良い。特にテクノロジー業界は新しい領域が生まれまくるのね100人に1人には簡単になれる!

100万人のピラミッドの頂点に立つのは、普通に考えたら難しいですよね。でも、どんな人でも、1つのことに1万時間を投じれば、100人に1人の存在にはなれるんです。

それを3つの分野で成し遂げれば、その掛け合わせで100万人に1人に匹敵する希少性を手に入れることができる。
藤原さんとの対談は、前回からそこまでにお互い考えてきたことをぶつけ合う感じで、いつも楽しいし学びが多い。
「ニューエリート」って、やっぱり違和感ありますよね。要は、「我が子が、自分の得意を伸ばして力にし、将来自立して、幸せに生きる」という文脈で話しました。
"その「普通」というのは、やっぱり東大に入るみたいなことで、旧態依然としているんですよね。"
自分にできなかった事でも子供に求めるようになるのは不思議です。「普通」をすごいスピードと規律でやらせようとする感じです。
小学校の先生の中にも異常に普通を求める人がいますね。少しでも並ぶのが遅かったり、整列の時に前を向けなかったりすると、執拗に普通を求めて、恥をかかせる。問題の解き方の順序が違っていると正しい順序でできるまで何度もなんども言わせる。けっこうキツイと思いますね。
授業参観であの「普通への矯正」を見せられると普通にできない事がトラウマになりそうです。
【新しい教育に必要な親のUnlearn】
ライフイズテックを立ち上げて間もない頃、ITキャンプ終了後、ある保護者の方が私におっしゃった言葉を今も覚えています。

「自分の子どもがこんなに目を輝かせてゲームの作品を作り、年上の人たちの中で堂々と発表をしている姿を初めて見て、衝撃を受けました。彼が何を好きで、何をやりたいのかわかりました。受験や偏差値ではなく、彼の才能が花開くところを目指していってほしいです。そしてそれは、私自身が覚悟しないといけないことだとも思いました」

新しい時代の新しい教育を受けさせていくには、保護者の方のUnlearnが不可欠です。これまでの自分が育った時代の教育観から一旦降りて頂き、この時代において、自分の子どものためにどんな教育が良いのかを考え直してみることです。なかなか難しいですが、子育てに限らず、このUnlearnが無いと、下の世代の教育がアップデートされないと思っています。

ちなみにこの保護者の方のお子さんは、ライフイズテックのキャンプやスクールに通い続けてくださり、高校の時にゲームアプリリリース、コンテストでもファイナリストに残り、海外の大学でゲームクリエーターの勉強をしています。保護者の方の覚悟とその後のサポートは確かにお子さんの人生を変えたと思います。本当に素敵なことでした。
キャンプは沢山のことを教えてくれます。
そもそも自然界には人間以外の沢山の生物が存在します。小さな虫はテントの中に迷い込んできて、奇襲をかけてきます。夜中には中型の野生動物が少量を求めて遊びに来たりします。お友達とお菓子を分け合う中でも家では経験できない不平等が発生します。そういう日常生活で予測不可能な経験を通じて対話し、学習していくことがキャンプの醍醐味だと思います。
高濱先生のお話をエビデンスにして、これからも子どもをキャンプに連れて行きまくりたいと思います!笑
新・子育て論なのですが、家庭内のでの子育て役割分担が旧来型(父働く、母子育て)を前提とした考え方が透けて見えて、少し残念でした。幸か不幸か共働きが推進されている今の社会で、旧来の父・母の役割を越えた議論も期待します。
高濱先生は、正直、ミラクルです。なぜなら、受験教育とはかけ離れた教育をしていながら、なぜか、その教育に親が夢中になり、そして子供が夢中になります。うちの子どもも、花まるに通い、花まるのアシスタントくんになり、花まるでバイトしている次第。「自律的なアンバサダープログラム」と、私は呼んでます。
シカゴ大のヘックマン教授は、幼少期に「非認知能力」を高めることが、その後の人生に優位に差をつけることを明らかにしました。
娘をみていても、人との対話や、体を動かしたり絵を書くことを通じて、なにか新しい感覚を身に着け続けているように見えます。
なにか一つ突き抜けるためにも、知識や思考の前にベースとなる感覚を身につけることが求められているように思えます。