新着Pick
787Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
メガネ業界の国内市場規模は国内5000億(フレーム、レンズ、サングラス、リーディンググラス)、うちファッションアイテム領域に絞ると4000億ほどです。さらに毎年数%成長していると考えられています。他に5000億円規模の市場はというと、アイスクリーム市場や冷凍食品市場と同じくらいって感じです。
この記事に書かれているように、本当に群雄割拠。日本のメガネ市場はトップ10社のシェアを合わせても全体の50%程度とのこと。

話はそれますが、そんなOWNDAYSには今、たくさんの面白い/優秀な人たちがジョインしてきています。現在の社長秘書は元XJAPAN hideさんの会社出身だし、カスタマーサービスチームには高級時計ブランド「ランゲ&ゾーネ」から来た女性もいます。僕自身も、HSBCにいた時、田中に声をかけてもらい、OWNDAYSに入りました。何より「何が起こるか想像できない未来」にいい意味でワクワクしたからです。とにかく実行に移すガソリンとエンジンがある会社です。

これからはLVMHさんと三井物産さんという超強力なパートナーと一緒にアクセルふかしていきます!
人気 Picker
今回の案件は、LVMHグループによるOWNDAYSの事実上の買収です。LVMHはここ数年、系列の投資会社を介して、ファストファッションに積極的に出資しています。

「ブランドビジネス」を標榜するLVMHグループがファストファッションに出資し始めたことは、ブランドにおいて、価格帯よりもコンセプトこそが重要になっていることの証明な気がします。

人々の好みが多様化し、自己の表現方法や承認欲求の満たし方が増えた今、「ブランド」を再定義する必要があるのかもしれません。
誰が買うかによって買収価額も変わってくる。
LVMHがグループ化、内部化を行うと、それだけで非買収事業の企業価値が上がるため。
コンサル支援と投資ファンドを手がける会社に務める者として身につまされる話です。
Lキャピタルにとっては買収だがブランドにとってはでかい事務所に入るということ。
人脈、面取り(出店に関するいい立地確保する交渉力とグループとしてのディスカウント)資金、ノウハウを惜しみなく投下してもらい描いたシナリオを実現する。
いいパートナーだと思うしLVMHとLキャピタルの構図は全体戦略としてすばらしい。
Lキャタルトンのアドバイザリーボードのメンバーをやってますが、LVMHのネットワークを利用した企業の付加価値付け、特にブランド創りには定評があるファンドです。“メガネ”というマーケットも“OWNDAYS”という企業も“田中社長”という経営者も魅力的。
LVMH系の投資会社「Lキャタルトン」の日本企業への第1号投資案件は、ファストファッションメガネのオンデーズ!!

>「たとえ評価額が一番低くても、Lキャタルトンと組むことがオンデーズの長期的な成長につながると思います。」

評価額よりも成長支援を選ぶ姿勢はさすが。5年後にJINS超えを目指す為にはガガッとアクセル踏む必要ありますもんね。
自分と会社をより成長させてくれる「もう少しヒリヒリした緊張感のある、目標に対してコミットできなければクビになるくらいの環境」に身を置くために買収を受けたというのは興味深い話でした。確かにベンチャーが7,8年上場せずに続くと、個人も会社も頭打ち感を感じる瞬間がどこかでは出ますからね。

ちなみに弊社は会社の中でいつも様々な新しい仕掛けや役割への挑戦があったので、飽きることも緊張感を失うこともこれまでなかったというのは、嘘偽りない本音です。ただ、この先ずっとそうなのかはわからない。その緊張感を頂けたインタビューでした。

※ところで、福岡の出店の話は、博多地下街ではなく、天神地下街のことですかね?
緊張感がある方を選んでいく生き方とスピード感、どちらもカッコいい。
売上規模ではJINSとかなり差があることが分かる。それは規模構造や投資余力の差にもつながっていると思う。
今回の増資やLVMHのネットワーク・ノウハウで、それを一気に埋めて抜くこと(特に海外成長)をしていくのだろうか?投資をギリギリまでやって勝負するのであれば、再生時と同じような全力ヒリヒリ感に間違いなくなると思うし、プライベートだからできるチャレンジになると良いなぁと思う。
台湾でOWNDAYSの店舗も見てきました。
『破天荒フェニックス』も面白かった。

これから第二章が始まるというよりは、新しい物語へ進むという感じですね。


↓ チェック漏れ、かな^ ^
でも、*年に屋号がJINSになり、マス層を狙いに行った時に、ユニクロ化しました。
LCAの企業投資部隊は旧L Capital社で、5年前、ウチも投資して!シンガポールまで行きましたが叶いませんでしたw
LCA役員はLVMHとも兼任したりしてるので、これから楽しみですね。不動産部隊はGinza Sixも手掛けてます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
4.41 兆円

業績

業績