新着Pick
37Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
関わるすべての人間が“バカボン愛”を持って取り組み、リスナーは毒を昇華させた一筋縄ではいかないギャグを堪能したアニメ『深夜!天才バカボン』。

コンプライアンスを気にし過ぎて“安パイ”が蔓延るこの時勢、ここまでスリリングで何が起こるかわからないTV番組を見たのは久しく、それをアニメという娯楽で成し得た本作の意義は大きい。

今回、アニメ制作会社・株式会社ぴえろの福井洋平氏と、エイベックス・ピクチャーズ株式会社・アニメ制作グループの尾崎源太に、放送後の手応えや反響、そして改めて本作がもたらしたものについて伺った。