新着Pick
379Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
笑い転げた今回のWeekly Ochiai。続きを高濱さんと明日のお昼に銀座で語ります!高濱正伸が語る、親子のための読書論
https://newspicks.com/academia/events/230
父親としての自分をアップデートするって話か
つい、自分の父親をいまからアップデートするのかと

私は親の成長は子供にも責任があるという考えから、意識的に親子関係のフェーズを変えて来ました。今思えば生意気に過ぎたと思いますが、自分の人生を守る為には親にアップデートしてもらうしかなかったという切実な側面もあります。

母親の視点で語られることが多い、幼児教育。
この日の「UPDATE MEETING」は、幼児教育における父親の役割に着目し、高濱さんによる講義から始まった。"

と言っておきながら、

"高濱さんは、子どもに悪影響なのはママの不幸せであり、問題の根源は妻の幸せにあると言う。"

という結論でずっこけた。結局母親やんけ。


"「上手く育った子は、たった一人で良いから、誰かが贔屓してくれた。」(高濱)"

もいうのはとてもよくわかる。過去に自分を贔屓してくれた人を忘れることはない。


". 落合さんは、常識観が違うからこそ、その時々に最適解を考えることを家訓にしているという。"


想像していたより固い家訓なんだなぁ。
それぞれの最適解を考えるからぶつかるのであって、二人の最適解を考える事が大事なんだと思います。それが唯一解。
「高濱さんは、子どもに悪影響なのはママの不幸せであり、問題の根源は妻の幸せにあると言う。しかし、多くの父親が妻をニコニコに出来ていないのが日本の現状だそうだ。『恋は終わったのだ。子どもについての真剣なチームとして決意してほしい。』」(記事引用)

この問題は日本的文化のコンテクストが色濃く反映されており、多角的、多層的に論じる必要があると思う。そのうえで、入り口として高濱さんが指摘する「子どもについての真剣なチームとして決意してほしい」というメッセージは明晰だ。

ベネッセの調査をNHKあさイチが取り上げ、話題となった『産後クライシス』は、子育ての構造問題が結果として母親の「ワンオペ」となりがちな中、夫婦の愛情乖離が危機的なレベルに達することを指摘したもの。

夫婦(家族)という単位(ファーストプレイス)のみならず、セカンドプレイスとしての職場(ビジネス)の変化、そしてファーストセカンドを本来包摂すべき社会(コミュニティ、サードプレイス)の文化的サポート、制度的充実(安心して子育てできる環境)があれば、母親がニコニコする原点はきっと日本中で実現する。
この分野において、私はそれなりに詳しいと思っているのですが、まずは父親の役割をきちんと理解することです。世間が認知している(と思われる)父親像と、妻が求めている父親像と、子供が求めている父親像と自分がなりたい父親像はまったく違います。各家庭それぞれの価値観が有るので、良し悪しは言えませんが、兎に角大事なのは家族全体で”どんな人生を送りたいか”を考え直すこと。これは”何のために働くの?”という問いと繋がっています。そこから、理想の生活スタイルを見出し、理想の仕事スタイルを見つけるという順番です。すると、必要だと思ってた事が実は小さいことだったり、どうでも良いと思ってた事が実は大きな事だったりすることに気付きます。ただただ父親っぽいことをするのではなく、目的を明確にしてから父親として振舞いましょうというだけの話なのに、なかなか実践できない人が多い。これこそ、学校で徹底的に教育して欲しい内容なのですがね。
"子どもに悪影響なのはママの不幸せであり、問題の根源は妻の幸せにあると言う。"
高濱先生の講演会はパパとママは別々にやることが多いですね。繰り返し語られるのがまさにこの話。どのように妻と向き合うか。お父さんとお母さんは決定的に違いますので、お互いがうまく乗せあえる事が子供にとって大事だと思います。
高濱さんのダイナミックでファンキーな語り口に、落合さんが圧倒されるシーンは必見です。
ライブ中に、一体どんな着地をするのか、全く見えないまま進む議論は、ぜひ本編で。来週はいよいよ「プロアナ」最終選考です!
「奥さんのニコニコ」に焦点を当てる父親が増えるのは、それはとても素晴らしいことですが、
妻側からすると、お互いにニコニコでなければいけないし、どちらかがどちらかを幸せにしようとするのではなく、どちらも幸せになる方法をそれぞれの役割から見つけていきたいと思ってしまいます。
男性ユーザーの多いNewsPicksで、こういう話で盛り上がれるのはいいこと。
「結論は?」と言いたくなるのをグッと我慢w
母親は自分の人生のことなので、平成2.0にアップデートされてるのに、父親は昭和2.0からのアップデートを図っている状況なのかねぇ。

私たちの世代は、おとんはバブルを謳歌して、おかんは専業主婦で、年功序列で給料も上がって…という家庭で育った人が多いと思います。
よっぽどの人じゃない限り、自分の育った家庭が唯一無二のモデルケースなんですよねぇ。でも、そのモデルケースと女性の社会進出がかみ合わなくなったところに不幸がある。
まずは、無意識のモデルケース信仰があるところに気がつくのが大事かなーと。妻を幸せに、という高濱さんの言葉は、親世代の理想の家庭像からの脱却を意味してると感じました。
(共働きが多くなってるし、専業主婦のものだった幼稚園でさえ、お母さんは働かないの?という圧力が高くなってると聞きます)

追記)ちなみに、うちの夫はすごく良い父親です。(良い夫かどうかはさておき)今日もこれから息子を、勝手にリサーチしてきた公文式の教室見学に連れてってくれるらしい。前は七田式の教室見学に行って、周囲は母親ばかりで浮いてたらしい。短期でイラチな私より、教育には絶対夫が向いてると思う。向き不向きもある。
この連載について
NewsPicksのオリジナル記事に登場するイノベーターの名言、人気インタビュー、人気シリーズをハイライトしてお届けします。