新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体もそうですが、若年層やヒスパニックなど、通常は投票率の低い層がどうなるのかが気になります。特に、銃規制で頑張った高校生の活動は、どんな成果をあげるのでしょうか。

当日は荒天が予想されている地域もありますので、帰趨が微妙な選挙区では、投票率が命運を分けることがあるかもしれません。
米中間選挙の期日前投票の急増で注目されているのは、とりわけ若年層です。若者に絶大な人気を誇る歌手のテイラー・スウィフトさんが民主党支持を表明し、投票を呼び掛けたテネシー州の増加がめざましいことから、「スウィフト効果」が注目されています。

また、保守の牙城、テキサス州でも増えています。ここでは、共和党大物のデッド・クルーズ候補を、民主党新星のベト・オルーク候補が脅かし、注目を集めています。オルークはスペイン語で演説してヒスパニックへの呼び掛けを強めていて、若者とあわせて民主党の潜在的支持層が、トランプ政権への危機感を背景に掘り起こされているようです。

ヒスパニックの投票意欲がかつてなく高まっているという報告がピューリサーチセンターのサイトにあります。
http://www.pewresearch.org/fact-tank/2018/11/02/hispanic-voters-more-engaged-in-2018-than-in-previous-midterms/

今回の中間選挙は、女性、若者、非白人の投票行動が鍵を握ることになりそうです。女性も民主党支持優位の傾向が鮮明です。各種世論調査によると、情勢はここにきて共和党が失速する軌跡を描いています。以下サイトのグラフをご参照ください。きのうあたりからしきりに言われる「ここにきて共和党が追い上げてきた」というのは、データに基づかない、いわば「予防線」だと思います。

https://www.realclearpolitics.com/epolls/2018/house/2018_elections_house_map.html
日本で、日本の総選挙より話題になるアメリカの中間選挙…
ある意味、トランプ氏は凄い…
対して民主党は、前大統領が中間選挙の応援を腕まくりしてやっている姿は、きっと二度と見られないと思います。
ヒスパニック系へのケアが強化されている、という話を聞くと思い出すのがナショナルジオグラフィックのこの記事。

米国の国勢調査局の予測では、2044年までに非ヒスパニック系白人が人口に占める割合は50%を割る。米国の人種間の関係と白人の地位が変わるのはほぼ確実だ。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/090400389/?ST=m_news
アメリカの投票率を見ると、政治への積極的関与の日米格差を感じます。
トランプ大統領が絡むので、中間選挙の投票率が上がるとは言え、低いと言われている投票率は、日本から見ると高いですよね。
中間選挙は上・下両院だけでなく州知事選、州議会選、州公選職選、各種議題に関する州民投票を兼ねる一大イベント。投票用紙が異様な長さです。なので意識が高い人ほど期日前投票する傾向が高いんです
これが2年前だったら、、、

あのとき、みんな「投票しなくたってヒラリーになるさ」とたかをくくっていた。そしてトランプが大統領になり、投票しなかったことを後悔した。それが今回の好投票率につながったのでしょう。
昨日まで、シリコンバレーに居たが
テレビはこのニュースで持ちきり。
マイケルムーアの熱い語りかけは
アメリカの苦悩を象徴している様に
思える。
これもトランプ大統領効果が大きいですが、過去にない注目を集める中間選挙。期日前投票はすでに前回を7割も上回っており、投票率も50%に迫るのではとのこと。
そこまで上がらないとは思えるのですが、もし本当に50%に投票率が上がったらアメリカの政治史に残る出来事になります。今後の選挙戦術も大きく変わります