新着Pick
1758Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
起業した今、働き方で大きく違うなと思うのは「終わらない」。
新卒入社した投資銀行も起業前に勤務していたPEファンドもプロジェクト単位の仕事なので明確な終わりがあったし、外資消費財メーカー時代は管理会計を見ていたので繁閑サイクルが明確だったが、起業すると、次々と新しい課題が様々な分野で発生するし、頑張れば頑張るほど新しいアイディアを思いついてしかもすぐ実践できるし、まさに「仕事が終わらない」。
慣れてない自分がこの超長期プロジェクトを走り続けるには工夫が必要だなと思い、年に1回は1週間以上連続で休みを取って海外に行く、月1回東京を離れる、週1日はPC開かない、を意識するようになりました。週1回休んでも思考はむしろフルに動いているので、物理的に東京を離れるの大事。あと運動。
日本のサラリーマンはどうもマラソン型の働き方をする人が多いようです。平日は同じようなペースで働いて、週末に休む。翌週はまた同じように働いて、週末に休む……。ずっと同じようなペースで走っているイメージです。

こういう働き方は、決まった量のアウトプットが求められる製造業のような仕事では有効ですが、現代のホワイトカラーに適しているとは言えません。

現代のホワイトカラーに求められているのは、集中して、良質なアウトプットを出すことです。

グーグルの人は単に昼休みにバレーボールをするのではありません。大きな仕事を集中して行うためには、自分を整えることが必要です。そのためにうまく休憩を使って、そのエネルギーを蓄えるわけです。グーグルの仕事の仕方としては著名なものに「スプリント」があります。

ずっと仕事を続けるのではなく、1回何かに集中したら、そのあとは休む。メリハリのついた仕事をするのです。

スプリントとは何か

僕も、基本的にスプリントを意識して仕事をしています。
スプリントとは、ある仕事について集中する時間を決めて作業を行い、そのあとはしっかり休息をとるという、メリハリのある働き方のことです。

ずっと走り続けるマラソンでは疲れてしまいます。きちんと「何もしない」時間をつくることで、より集中して創造的な仕事をつくることができます。

詳しくは:https://amzn.to/2Qg3Dkg
「戦略的休息」いい考え方だ。

自分がどれほど仕事をするかではなく、どれほど価値を生むかにプライドを持ちたい。

休み方は自分に合った方法でいいと思う。最高のパフォーマンスを発揮できるスタイルで。

労働時間のことばかり気にしている企業は、戦略的休息について考えてみよう。
この記事にもあるように、こう多様化してくると、ヒトや仕事によってパフォーマンスが上がる休み方はそれぞれ違っていて、それに合わせて休もう・働こうという流れは出てくると思います。

ちなみにワタシもこの記事に出てくるヒトに似て、長く休日を取るよりは、仕事とプライベートの時間的な境目を曖昧にしておきたいタイプ。その方がフラストレーションが無いです。問題は、あまり周りに歓迎されないということぐらいでしょうか 笑 でも、この辺がポイントになるんしょうね。
日本人は横並び意識が強いので、まずは強制的に休む!」体験してもらうことは重要です。戦略的には、企業は属人化する仕事ができないように努力し、個人は属人化する仕事で自分の価値を出そうとする。真逆のせめぎ合いです。しかし全体最適を見れば、仕事の属人化をしないほうが効率がいい。
昨年シリコンバレーの女性起業家のためのプログラム、WSLの日本向けプログラムのパイロットに参加した時、2つ得た大きな学びの1つが「White Space」を作ること、でした。日本語で言うところの"余白"です。

インプットだけ、またはアウトプットだけに力を割きがちですが、大事なのはそのための余白を戦略的につくること。
それは昼寝かもしれないし、歩くことかもしれないし、コーヒーを飲むことかもしれない。なんでもいいそうです。とる時間も人によって様々でした。

休み、というと記事にもある通りなんだなマイナスなイメージですが、長く力強く走り続けるためには必要なもの。ただし、どう取るかは人によって違うので、自分が一番パフォーマンスを出せるやり方を模索すればいいのです。
みんな同じように9時から5時、週5日働いて2日休む、じゃなくてもいいのにな、と思います。
24時間、スマホでつながり、いつでもどこでも仕事が出来てしまう時代。「上手に休むこと」が非常に難しくなったと感じます。GLOBE+では特集「君たちはどう休むか」で、新しい時代の休み方を考えます。

本記事では、「休み方改革」で仕事の創造性や生産性を高めようとする米西海岸の動きを、現地取材でリポート。キーワードは「戦略的休息」です。
「凄くいい考えだな。」

仕事しながらそう感じる日曜日の朝。。
新たな発想が生まれたり、働くことへのモチベーションが高まる休暇と、そこにあまり関与しない休暇、仕事に悪影響がある休暇があるような気がしています。

仕事に好影響を及ぼす休暇には、内なる自分との対話があるような気がしています。

なんとなくですが、以下のような休暇が仕事に好影響を及ぼすような気がしています。

ランニング、登山、陶芸など「没頭による自己との対話」
ふれあい旅や小説、映画など「他者を通じた自己との対話」
フェス、スポーツ観戦など「熱狂によるリセット」

もちろん、ひたすら寝るといった「休息型」も必要ですが。
仕事はのっている時にこそ中断する▽仕事を離れ別のことに没頭して息抜きをする▽散歩や昼寝をうまく取り入れる▽週・年単位でエクササイズし、休暇やサバティカルをとる――。


脳にOFFは無いそうです。
休憩と感じている時には、別の直感を生みやすい脳を働かせてるとのこと。

だとすると、少しでも休むと罪悪感を感じやすい友人が多いけど、そんなことは微塵も気にするべきではないんですよね