新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネス×教育という点でもっと注目されてほしい問題。待機児童問題は大きな問題ですが、枠を確保するためにこのような問題が起きては本末転倒です。
企業主導型保育所は元々は内閣府主導で「企業が、自社の従業員の働き方に応じて、多様で柔軟な保育サービスを提供すること」を狙いとしてスタートし、副次的な機能として地域の子どもたちの受け入れも可能としています。
ただ、開始前から指摘されていましたが、保育の質、安全性や継続性の面での不安があり、その不安が現実化したと言えます。

保育園の枠の確保はもちろん大事ですが、預けられれば何でも良いわけではありません。経済振興的な観点と同時に必ず、教育・保育の観点での検討が必要です。保育の質を確保するための行政の動きを期待すると同時に、そこに必要な財源をつける手立てをお願いしたいです。財源確保、本当に大事です。

ちなみに保育の質に関しては、東大の秋田喜代美先生を中心とした発達保育実践政策学センターでの研究に注目しています。
保育の枠でなく、保育の質が語られていく社会を作って行って頂きたいです。
http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/
長年通っていた保育園が、今年度いっぱいで閉園すると突然発表し、慌てて次の保育園を探しました。運良く良い保育園が見つかったし、閉園の説明も丁寧だったので大きな不満はありませんでしたが、伝えられた直後は愕然としましたね。年齢的に次を見つけられやすかったのですが、0歳や1歳は絶望的と聞いています。これを機に休職する人も居るかと。
所謂大企業は保育園の事業展開を必須にするなど、もっと社会全体で解決を計れないものですかね。
ブラウンスイス様のコメントに同意です

認可保育所の他に、東京都認証保育所がありまして、施設的に基準を満たせない(多くは園庭が無い0〜2歳児用ビル内保育所)トコはこの認証保育所になる事が多い。

0〜2歳は保育士に対して預かれる子供の人数が少ない為、認証保育所でカバーする形です。
各自治体(区、市)ものそつもりで、認可保育所に入れなかった人に斡旋したりします。もちろん認証保育所にも補助金は出ます。原則として補助金主体の経営です。

で、ここに含まれないのが企業主導型、いわゆる認可でも認証でも無い所です。
元々企業内保育所と言う目的から基準は緩い。
本来は企業が自社の福利厚生の為だから。
でも待機児童が多いので、補助金入れて地域児童受け入れを弾力的に活用しましょう、と言うのがコレでしょう。

基準が緩い為、この制度を利用して地域児童受け入れを主に考えて計画する新規参入者が増え、結果として運営計画が甘く頓挫する保育所が増えている。

そう考えてます。

企業主導型保育事業
http://www.kigyounaihoiku.jp
保育士って基本的には12月頃に「来年4月から1年間働けますか?」という念押しをされるらしいです。1年間絶対に退職しないなんてコミットできないこともあるよなと思いつつ、退職がお子さんや親にとってクリティカルなので仕方がないかなとも思います。

そんな保育士が、一斉退職。これは企業に問題があったとしか思えないです。なんというか、「やめてやる!!!」という強い感情を抱かせたのだろうなと。
保育士不足で仕事選べるようになったって事やろ。
いや、企業主導型だけの問題ではない。