新着Pick
208Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
資本主義の世の中ですから、社会インフラといって過言でない巨大な企業が出てきます。マイクロソフト製品なんかもそうですが、WhatsAppなんかも万が一突然消滅すれば、公私ともに世界的な大混乱が起きるでしょう。社会インフラになってしまうと、運営企業はやめるにやめられません。そして、営利企業だったはずが、社会的責任を負わされるようになり、特にフェイスブックのように世界規模の社会インフラとなれば、世界のあちこちで起きていることについて責任を問われます。 
 社会インフラの運営者、というのは、つまり国家に似てきます。国家は税や天然資源を財源にして、多くの何の収益性もない事業(教育や軍事を含む)を手がけます。SNSの運営企業も、社会インフラの運営者となれば、収益性がない事業でも手がけざるをえず、別の財源が必要になります。財源はまず広告だったのですが、ミクシィがゲームを手がけてみたり、特典のある有料ユーザー登録をしたり、お見合い・出会い系サービスをやったり、オークションの場を設けて手数料をとったり、とにかく多角的に財源をつくろうとしてきました。社会インフラをもっているのだから、それをどうやって収益にするのか、が課題になります。動画配信サービスや教育事業との提携といったビジネスもあります。Eコマースとの提携、一体化はさらに進むでしょう。
 国家が強いのは、社会インフラを財源にしなくても、他にはるかに大きな財源(税や天然資源)をもつ力・正当性があることです。SNSという社会インフラが、技術的に低コストで運営できているうちはいいですが、フェイスブックを筆頭に、SNS運営のコストは増大しているように見えます。新聞・テレビがそうであったように、従来はボロ儲けだったのが、巨大な社会インフラになるほどにコストが増大していき、営利企業でありうるための収益が確保できなくなる、ということがあるようにも思えます。ビッグデータの収集者であり、デジタルマーケティング・広告で大きな役割を果たしてきたフェイスブックは、同時に膨大な社会的責任を問われることになります。今後出てくる規制やリスクに対応するコストもまた膨大でしょう。
顧客が望む方向に舵を切ると収益性が落ちる。ここに2面プラットフォームというか広告収入依存の矛盾がある。トップラインが伸びているうちはいいが、伸びが鈍化してくると隠されていた矛盾が露呈してくる。ここが難しい。根本的解決は広告収入以外の収益源を伸ばすことだが、フェイスブック社の経営は骨の髄まで広告業としてできているので、収益源の転換はいよいよ難しい。当分は試行錯誤が続くとみた。
ニュースフィード広告はGoogleのアドワーズと並びネット広告をテレビCMと同じレベルまで引き上げた最大の功労者である広告フォーマットです。そう簡単に変わりは見つかりませんよ。
まずはメッセンジャーとワッツアップの20億人をどうするか。もっとLINEとwechatから学んだ方がいいと思います。
フィードからストーリーへ、FB本体からワッツアップ、メッセンジャーらファミリープロダクトへと、収益原多様化についての話。目新しい話はありません。そしてそれらは本体ほどの収益性にはなりません。ある程度の分散が聞いて本体の収益構成比率が少し下がる程度でしょう。
こういう時期が会社の事業も組織も成長させます。
この逆境をザッカーバーグと仲間たちがどう乗り越えていくのか注目しています。何度も這い上がれる企業は強いです。日本ならソニーやリクルートみたいな。
facebookが社会にもたらしている価値はとてつもなく大きいのでしょうが、マネタイズできるかどうかはまた別…
(私が知らないだけかもしれないが)広告以外のtoBビジネスがあまり見当たらないのは他のGAFA企業との違いなのだろうか。

利用者から税金を取るわけにもいかないし、公共性もある程度高いプラットフォーム(になってしまったもの)をどう社会が扱うべきか、考えてしまいます。
ウェブとリアルの融和(PC,スマホすら見なくなる)を見越した展開に乗り遅れたのだと思います。プラットフォームを作れたかと思ったら、もう駅ごと廃止されそう、みたいな。本当にが激しい時代です。その点、Amazonは本当に圧倒的過ぎます。Prime VideoからDashボタン、Echoまで。GAFAを一括りに捉えることもナンセンスに感じてしましいます。
次々と新しいサービスが生まれ入る中でここまで頑張っていることが奇跡。でも若者離れは深刻だろう。それもM&Aでカバーしてはいるが、更に便利なサービスが今後もFBを脅かすだろう。
Facebookが保有するサービスの多くが社会インフラになっている。Messenger、WhatsAppが世の中からなくなれば困る人が世界中にいる。サービスとしてユーザーのエンゲージメントが下がっているのは営利企業としての課題もあるが、それ以上に今は国家同様の使命が求められている。
社会インフラとしてどのようにサービスをFacebookのユーザーに提供し続けていくのか。
世の中になかったサービスを生み出した当初はスター起業家として称賛が多く集まったけど、Facebookの多くのサービスが世の中にあって当たり前になった今は批判が多く集まっている。
これが起業家の事業拡大の行く末にはなって欲しくない。
ここ数年のFacebookの機能追加は、Snapchatや動画サービス、メッセージングアプリといった流行りものの寄せ集めでやってきたので、それもやり尽くしてしまうと打つ手がなくなっていくでしょうね。

今後インスタの拡張に活路を見出していくだろうけれど、インスタがどんどん劣化していく感じもあり、NEXT INSTAGRAMとなる次の買収先を必死に探しているんじゃないだろうか。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
47.1 兆円

業績