新着Pick
333Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
動画って作り出すと楽しくてのめり込んでしまうんですよね。学生時代や社会人になりたての頃は、自分たちのライブや、先輩や友人の結婚式二次会、その他イベントの余興で、動画編集をちょいちょいしていました。完全に素人の遊びですが、テロップや効果を入れるのが楽しすぎてこだわりすぎた結果、あまりにも時間を要してしまい、「これは危険すぎる」と思って、ある時から触らなくなってしまいましたが。それくらい、自分で撮ったものを面白く編集する作業というのは、人を夢中にさせるものがあります。
TikTokなんかは手軽にそれっぽいものを編集できる点が、エンゲージメントの高さに繋がっているのでしょうね。

「最後まで観よう」と思うかどうかについては、最初の3秒で興味を惹きつけることもさることながら、究極的には発信者に対する信頼感に勝るものはないんじゃないでしょうか。
ヨイショするつもりはないのですが、その点、ONE MEDIAの動画を初めて見たとき(たしか、誰かアーティストの半生を描いた内容)は、非常に新鮮な驚きがありました。
Facebookのタイムラインで広告を含めた動画を見かけることはよくありましたが、基本的には「邪魔だな」と感じて即座に飛ばしてしまいます。その点、初めて見たONE MEDIAの動画は明らかに異質なものだと感じましたし、わざわざ発信しているチャンネルはないものかと検索までしました(当時は配信しているチャンネルはなかったと思います)。まさに本稿で言う「世界観が変わる体験」だったのでしょう。惹きつけられる感覚があまりに強かったので、「これ、悪用したら印象操作ができるな」なんて余計なことまで考えてしまいました。それくらいインパクトがあった。

審美眼のない素人目にも明らかに際立っていると認識したONE MEDIAが、1年以上経ってこれほど存在感が増していることを思うと、こだわりと思想を持って作った動画は素人にも十分に伝わるものなんだな、と感じる次第です。
めちゃくちゃかっこいい。下記の点は、まさに明石さんがこのインタビューを通してご自身で示されているものだと感じます。

ポジションを取って防御に入るための言葉と、普段から誰かに伝えるために紡がれ結実した言葉とでは、語気がまるで違ってきます。クリエイターとしてのみならず、経営者、職人としての自負と覚悟の蓄積が滲み出ています。

-------
だがしかし、最も重要なことは君自身が本気でそれを伝えたいと思っているかということだ。
噓偽りのない心からの叫びをヴィジュアルストーリーテリングに落とし込むことで、君にしかできない動画が誕生する。
コンテンツ制作におけるヒントが詰まっている

①PVではなくエンゲージメントに集中する
②新しいプラットフォームを探し創り続ける
③表現方法は既成概念に捉われない
自分自身が熱狂して、自分にしかできないことをすることが大切。
それが出やすい世の中になったのは正常だし、個人で闘う人には朗報です。
この連載について
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供。多分野の実践者が集う「学び場」をプロデュースしていきます。 https://newspicks.com/academia/about