新着Pick
107Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
J-WAVE STEP ONEに出演させていただき、ニューロスペースとANAの共同プロジェクトである、時差ボケ調整アプリの概要と今後の目指す世界観についてお話させて頂きました。

時差ボケは日本のみならず全世界グローバルで共通の問題であり、これまでは薬やアメリカではメラトニンの摂取が唯一のソリューションでした。

一方メカニズム的には、現地時間に合わせて出発前、飛行機の中などで光、食事、睡眠、体温のコントロールなどでアジャストする事が可能です。サッシャさんは、時差ボケを以前からセルフマネジメントされていたと言うことでさすがプロだなと思いました。

これからはアプリに留まらず、ラウンジや機内でのリアルのサービスなどでも連携してSleepTechで世界中のトラベラーに快適なサービスを提供していきます!
すごくいい。やはり「なぜ今まで無かったのかが不思議に思えてくるサービス」こそが広がっていく。
あるようでなかったアプリ。試してみます。個人的には、機内食を食べないだけでも時差ボケはある程度改善されます。あとは、到着地の時間に合わせて機内で寝たり起きていたり。
ちょうど再来週から海外なので試してみたいなと思いました。睡眠は意識していましたが、食事と体温まではかなり適当だったので。
飛行機に乗ったらすぐに時計を現地時間に合わせてます。できるでけ、渡航先の時間にあわせるように、と努力しますが、この間のシンガポールーイスタンブールーキエフは、ほほ、全旅程で爆睡でした…
台湾から昨晩戻りました。アジア展開にフォーカスすると、時差ボケが少なくていい。
乗る前の生活時間を予めズラしておけば時差ボケにならない。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。