新着Pick
294Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツ、体を使って全身で表現を楽しむ。その一言に尽きると思います。あまり難しく考えないことです。
あまりなかった発想です。特に一つに絞るのが15歳って遅すぎなイメージですから。ただ、マルチスポーツをやっている方が、引き出しも多く、選手生命も長くなるかもしれませんね。

〈引用〉実は僕は、ジュニアのうちは一つのスポーツに絞るのではなく、両立させることが一番いいと思っています。

これは「マルチ・スポーツ」という考え方ですが、僕がIMGで積極的に取り組んでいることの一つでもあります。


自分が輝ける場を見極めるのは、15歳前後くらいだと思います。
まずやってみる、はとても大事な考え方で、常に意識しています。とにかく打つ手数は多い方が良い。サッカーだけやるよりも、サッカーやる間にちょっと野球に浮気すると、サッカーがもっと上手くなるかもしれない。要は新結合、イノベーションですね。
インターネットで個人がエンパワーされて、物事がものすごいスピードで変化するこの時代ゆえ、『スポーツから学べる「まずやってみる」ことの大切さ』っていうのは、本当に大事だと思います!
「中学に入ったら2つの部活をやるくらいでいいんです。」というのは本当に重要だと思います。日本の場合、トーナメント一発勝負の大会が多いため、1回戦負けだと年間4試合程度しか公式戦ができないチームがあります。こうした環境が、一競技への執着を広げ、甲子園的な酷使につながる面もあるのだと思います。
他方で、リーグ戦を取り入れ、スポーツ自体もシーズンによって気候に合わせた競技を実施することは、誰にとっても自身の可能性を広がることにつながるように思います(中高生のときは、ちょっとでも休んだり違う競技をするとダメになると思い込んでいましたが・・・)。
まずやってみる。
ものすごく共感できる。
僕は小学一年生から空手、水泳、ピアノ、英会話、塾という習い事を始めた。
僕がやりたいと自発的に言ったことは全てやらせてくれたが1つだけ条件を提示されていた。
例えば、空手だったら黒帯まで行く事、水泳なら全ての泳ぎができるようになる事、ピアノなら最初に買った教材を全て終える事。
目標達成するまで諦めずに取り組む事。
賛否両論あるだろうが僕はこのおかげで最後までやり遂げる心を手に入れたと思う。
そして全ての習い事の目標を達成し、小学4年の時にサッカーを始め今こうしてプロサッカー選手としてプレーできている。
幼少期にマルチスポーツで団体競技と個人競技を経験させることを推奨されており、なるほどと思いました。
そこにスポーツマンシップ教育ができる指導者がいれば最高ですね。
3週間くらい前に、初めてテニスをしました。
これまでサッカー以外のスポーツには全く興味がなく、やろうと思ったこともなかったのですが、これがかなり面白かったです。

2時間の中で、頭をフルに使って、どうやったらうまく打てるようになるか、と考えまくりました。
理論立てて、うまくなっていくプロセスが、めちゃくちゃ楽しかったです。