新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アンファーや、ロート製薬が参入で益々マーケットの競争が激しくなってきたミノキシジル市場。以前、アンファーがプレスリリースしたときにコメントさせていただいたので、再掲させてください。

https://newspicks.com/news/3276855

"60ミリリットル入りで希望小売価格は7560円。薄毛の悩みに答えたりする専用アプリも配信し、発売後1年間で20億円の売り上げを目指す。"

後発と言ってもアンファーと同様、価格で競争しようとはしていなそうです。アプリも開発ということです。

関係ないですが、ロート製薬の今のコーポレートスローガンは NEVER SAY NEVER です。力強いですね。期待させられます。
大変気になるニュースです。

それにしても、もう後発薬が出るほど時間が経ったのですね。
毛の問題は多くの男性の悩みですし、手にしやすい価格帯の製品が出回ることでより多くの毛根が救われることを祈ります。

ミノキシジルは元々降圧薬で「飲む薬」です。体内で代謝を受けることで薬効を発現するプロドラッグというものですが、これを「塗って」使っても一定の効果がでるのが面白いです。
この作用機序についても、さらに原理の解明が進むと大変ありがたいですね。血流改善、毛乳頭細胞成長因子の誘導、毛包細胞のアポトーシス(細胞死)抑制など様々な仮説を聞きますが、遺伝性の要因すら超えて皆平等に生える原理を知り得る日が来るのを心待ちにしています。

でもまあその、無くてもカッコいい人はカッコいいですよ。
そういう者に私はなりたい。
大正製薬HDのデータを遡ると2002年度のリアップ等の売上高は177億円(185億円という記載もありました)、2017年度165億円とあります。
 女性向けを出していることや人口動態を考えるとあまり伸びていないように思います。ここにアンファやロートが参入することで、市場が活性化し、パイが大きくなるのかどうか、気になります。
生えるのか?ホントに生えるんだな??
ロート製薬株式会社(ロートせいやく、英称:ROHTO Pharmaceutical Co., Ltd.)は、大阪府大阪市生野区巽西に本社を置く日本の製薬会社である。東京証券取引所の第1部に上場している(証券コード:4527)。 ウィキペディア
時価総額
4,068 億円

業績

大正製薬ホールディングス株式会社(たいしょうせいやくホールディングス、英語:TAISHO PHARMACEUTICAL HOLDINGS CO., LTD.)は、製薬会社を傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6,913 億円

業績