新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「40歳は二度目のハタチ」という伊勢丹のキャッチコピーがありましたが、50歳からの青春って言うのはとても清々しいですね!!

大江千里さんが47歳の時にファンクラブを解散し、事務所を辞め、日本を離れて単身NYのジャズ学校に入学していたとは…下記の言葉、刺さりますね〜。

>人生の中身を自分でレイアウトするというか。そこに何を置いて、何を省くのかを決められるのは自分だけ。そして悲しいかな、大きく省かないことには、本当に手に入れたい、ただ一つのダイヤモンドは手に入らないんですよね。
今回のイノベーターズトークは歌手の大江千里さんに登場頂きました。47歳のとき、「自分がこれまで築いてきたキャリアや名声はずっと続くものではない」と一念発起。NYのジャズの学校に入学し、若い人とともにイチから勉強を始めるーー。新天地にジャンプするその強さ、そして50歳からが青春だとおっしゃる大江さんに元気を頂きました。ぜひお読みください!
いくつになってもキャリアはリセットできるし、新しいことにチャレンジできる。こういう実例がたくさん出てくると、多くの人に参考になる。20代、30代のときも、将来こんな風にキャリアを切り替えていけると考えておくのは大切なことだろう。

特殊な職業だからと思いがちだけれど、逆にアーテイストだからこそ、勇気のいるものだったはず。これをやりたいっていう想いが、原動力だったことが良く分かる。
大江千里さんのイノベーターズトーク楽しみ!一度キャリアをリセットして、ブルックリンでジャズに打ち込みながらひとりでビジネスを作っていくお話をまとめたご著書も、エッセイの中に生きるヒントたくさん。
『ブルックリンでジャズを耕す』
https://www.amazon.co.jp/dp/4048961934
ショーウィンドウに映った自分の顔を見て、歩む道を変えた大江さん。「目の奥の奥の奥が、思っていたのと何か違う」と感じたそうです。

男の顔は履歴書、と言われますが、過去ではなく、目の奥の奥に未来の自分が映っていなかった。

50手前で針路を変えるのは、相当の勇気がいったことでしょう。ボクも鏡に映る目の奥を見ることにしよう。未来が見えるかな?
ぬるま湯に浸かり始めた中年の我々が読むべき記事ですね。

NYのトミジャズというライブハウスで大江さんが月一でライブをやっていて、出張のたびに行きたいと思っていたのですがタイミング合わず。

そうしたらこの夏LAでアルバムのプレミアライブがあったので行ってきました。小さなイタリアンレストランの二階にあるライブハウスで、千里さんのMCは当然全て英語。最後は笑顔で写真も撮ってくれて、こんな素敵な顔の50代を目指したい!
人生は100年時代とか言われ、社会は変化し続けると言われています。これまでの価値観なら、青春は一度きりで戻ってこないもの。けれど、いくつからでも自分の意思で夢中になることはできるよ、ということがこの事例からよく分かります。

カッコ悪いふられ方で知った大江さんですが、めちゃ、カッコいいです。
良い話ですね。でも、違う道でもやっぱり音楽という処が、
矢張り共感出来るというか、そうなんですよね。

私もセカンドライフも結局音楽。クリエィティブに
裏方でも作家業の方に力を注いでます。
特に最近は詩です。

この特集大江さんの嘘偽りの無い正直な素のお話楽しみにしてます。
事務所辞めてファンクラブ解散して。
確かに勇気がいる決断。
事務所のくだりは、コトの重大さを再認識する。

今、事務所に所属されてるんで元に戻られたのでしょうか。
いづれにせよまた所属できる実力に感服。

大江さんのジャズ、気になります。
(すっかりハメられてる。)
大江千里さんは、時期は重なっていないが大学のセンパイ。残念ながら面識はない。当時、大学のOBでまっさきに名前が上がる有名人といえば、この人だった。ちなみに、当時のヒット曲は僕個人としてはあまり好きなタイプではなく、それほどファンだったというわけでもないが、ある日突然表舞台から降りたのは結構驚きでいまでも覚えている。それが当時47歳だったとことで、いまその年齢に近づいている僕に当てはめて考えてみると、その決断がいかに重いものだったか、単なる一介のサラリーマンでしかない僕ですら十分過ぎるほど分かる。

人生100年時代と言われて久しい。しかし、本当に100年スパンで自分のキャリアややり甲斐を、リアリティをもって考えられているかというと、自分も含めそれほど多くはないだろう。それまでの成功やプライドをすべて捨ててでも、新しいステージに向かって足を踏み出せるか。社会人人生がそろそろ四半世紀を迎えようとする僕自身、次の四半世紀をどう生きていきたいのか、いま実際の問題として眼の前に突きつけられている。大江千里センパイの特集、とても楽しみです。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。