新着Pick
808Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天がKDDIに期待するのは、通信設備やノウハウ。KDDIが楽天に期待するのは、金融領域(フィンテック)。お互いに補完関係にありますね。

KDDIの思惑は、脱モバイル通信事業で、ライフデザインセグメントを拡大すること。通信ではもはや成長戦略が描けません。政府から要請されている通信料金の4割カットもありますし。

楽天はフィンテック部門が好調です。その波にKDDIも乗りたいということでしょうか。au決済サービスを楽天Payのマーチャントでも使えるようにする。

ソフトバンクはヤフーと共同でPayPay、auは楽天と共同で楽天Pay+au決済、そしてドコモは単独でd払いやdカード。

3大キャリアの決済加速で、キャッシュレス日本の勢力図が大きく変わるかもしれませんね。本当に金融破壊が起きるかも。
なるほど、これは地味に見えて、かなり妙手で面白い。決済に限らず、金融事業で提携したり、さらに踏み込むと良いのだが。

これからこの業界では、合従連携で、ユーザー利便性をより多く、より速く提供できた企業が勝つのは明白。

両社のMNOビジネスの今後の成否と言うよりは、業界構造に今後インパクトを与えうるものとして今後発展しうるか、という観点でこの提携は要注目。
これは現時点でWIn-Win。ただしサステイナブルな関係になるかどうかは疑問。大規模な資本提携とかするなら別だが。大きなカニバリ残したままだと提携の実効性、そしてスピード感と規模感が今ひとつになってしまう。そこをどうクリアできるかが課題。でも通信業界に値下げ以外のトピックできて良かった!
んー、これでガチの競争が生まれるのか、微妙な気がする
楽天は、元々ドコモ回線を使ってMVNOを展開していたが、第四の携帯通信企業として参入を発表した。
ドコモとしては面白いはずはなく、秋風が吹いていた様子は①の日経記事に詳しい。楽天は「他社とは違う先進的なやり方で安くできて、6000億円を下回る投資でも大丈夫」と言っていた(②)。しかし実際には全国でローミングができなければ意味がなく、①をみるとコストがよりかかるところはローミングなどという都合のいい形をドコモが拒否していたように見える。

逆に、KDDIはそれでも組んだというのが興味深い。
決済という観点では、ヤフー・Tポイントといった領域を前からやっているし、ソフトバンクはみずほと組んで信用スコアを出したりもしている。ドコモはdポイントやiD。AUはそこに乗り遅れている印象があり(細かく追っていないので自分が落としてるかもしれないが)、楽天と決済・ポイントといったところでシナジーはありそう。ただ、KDDIの金融サイドのこれまでのパートナーは、じぶん銀行はじめMUFGという認識。

https://newspicks.com/news/2961002
https://newspicks.com/news/3226685
先般の銀行特集でお届けした、国内の5大金融ディスラプターのうち2社の提携。行方が注目されますね。

【保存版】覇者は誰だ。楽天、ヤフー、LINE「金融業」徹底比較
https://newspicks.com/news/3252260
本当は資本業務提携をしたかったのでしょうが、楽天の免許の関係で業務提携にせざるを得なかったように想像しました。KDDI側にはソフトバンク=ヤフー、楽天を野放しにしておいてはライフデザイン領域を伸ばしきれないという思惑が、楽天側はドコモとのローミング交渉が不調でかつドコモから値下げ宣言が出た以上価格訴求というマーケティングツールが使えなくなったという思惑があったのだと思います。
 KDDIの高橋社長はこの際楽天の社外取締役になられてはいかがでしょうか。
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/01/3456.html
楽天とKDDIが組むと、国内最強の顧客基盤ができそうですね!SoftBank+Yahoo!の強みが一気に弱まったような気がします。 #KDDI #au #楽天
こ、これはとてもびっくりした・・・。
通信、EC、銀行、決済、トラベルなどなど、全てで競合していくのかと思いきや、手を組むとは。大胆だけれども、理にかなった戦略でありワクワクする。
これはすごい!そして良手!!
これからはインフラ+サービスの垂直統合の時代で、ソフトバンク+ヤフーの対抗軸がなかったのが、この提携が機能すれば強力なライバルになる!
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.41 兆円

業績

業績