新着Pick
106Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアの価値は、つきつめれば、いついかなる時でも事実を伝えられるかどうか、ということに尽きます。いついかなる時、というのは、金や権力がなくても、ということも含みます。金を持っている者や政府が、自分の広めたい情報を広める手段はいくらでもあります。金も権力もないけど事実を知っているという人(被害者を含む)がいた時に、それを伝えられるか、ということでメディアの真価が問われます。新聞や雑誌は、決して多数ではありませんが、歴史上、金にも権力にもならないけど事実を伝えた、という実績はあります(たとえば米国でマッカーシズムが蔓延していた時など)。SNSは、メディアとしてそういう価値を大いに期待されていたのですが、そういう期待はかなり短期間でしぼんでしまいました。SNSは、明らかに金や権力があればどうとでも操作できるようになりつつあり、困ったことにはそれを覆す十分な方法が見つかっていません。新聞などなら、国によっては突然自滅覚悟で事実を伝えようとすることも無いわけではありませんでしたが。
 SNSで世論をつくる「トロール工場」は官製のものとしてはおそらくロシアと中国にあるものが最も大きいと思われます。次いでイラン、サウディアラビア、北朝鮮にもあるでしょう。元々、中国共産党隷下の「五毛党」と呼ばれた書き込み集団がはしりだったのではないかと思われます。アルバニアに見られるように、諸外国から発注を受ける民間の産業にもなっています。今ではコンサルタント会社的なところが、途上国の政府や政党などに、安価かつ容易なSNS操作の手法を提供しています。これなども、AI研究の発達の一つの側面でしょう。
 サウディアラビアでSNS操作を担当しているムハンマド王太子の顧問、サウード・アル=カフターニーというのは、トランプにとってのスティーヴ・バノン、ヒトラーにとってのゲッベルスに相当する人物です。日々メディア関係者を呼びつけては恫喝しているような人物ですが、単にメディア担当ではなく、王太子の政策にまで深く影響しています。カフターニーにとっては、カショギー氏の殺害は、自分の領分のことで、「あの犬の首を持ってこい」と殺害チームにスカイプで指示を出していたとされます。統制できないサウディ人ジャーナリストの存在が許せなかったのでしょう。
非常に興味深いお話でした。
政府がここまで組織的にSNSを使って批判者を追い込んでいるという事実。恐ろしいと思いましたし、体を攻撃せずともそこまで人を弱らせてしまうSNSの力に愕然とします。

「政治性を知らされたのは面接を受け、意欲を示してからのこと。本紙の取材によれば一部のスペシャリストは、仕事を断れば自分が要注意人物として攻撃されたに違いないと感じている。」
雇われている人にも追い込まれている事情があるのだろうと強く思いました。
面白かった
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角文字なので半分の140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.85 兆円

業績