新着Pick
260Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね。ただこれは「若者の金融リテラシーが低いから」ではない、と私は思います。単純に「なぜ、引き落としやネット決済にしないといけないのか?」のインセンティブが大してないからだと思います。つまり

①スマホ決済等に比べて、公共料金の引き渡し手続きはまだめんどくさい
②一方で、コンビニはそこら中にあるので「コンビニ払い」に苦労しない
③その割に「楽しいコンテンツ」が先にあるわけでもなく、税金に近い

たとえるなら「めんどくさいと思っている”宿題”を、めんどくさい事前の手続きをするのはおっくうだから、後回しにしたいなぁ。一方で、コンビニは便利だし、そっちでいいや」という誰もがもっている感覚に近い気がしました。
オンラインでカード番号を送信するのが怖い。あるいは、クレジットカードは使いすぎるから怖い。という一般社会通念が日本固有のコンビニ払いを加速しています。

Eコマースの場合、手数料を払ってまでも、コンビニ払い(先払いや後払い)にしている人もいます。クレジットカードで払えば、後払いや着払いの手数料はかかりません。デビットカードなら使いすぎの心配もありません。

それよりも、コンビニ払い(収納代行)は公共料金や通信料金の支払いも多い。これは銀行の口座引き落としが不安、という理由もあります。残高がなかったら大変、電話を止められる、電気を止められる、水道を止められる。

これらを考えると、日本人の金銭教育をしっかりするべきだと考えさせられます。座学ではなく、例えばモバイル決済とモバイルアプリを使って。
コンビニ払い(請求書支払い)の市場の大きさはLINE Payの事業を通して知りました。LINE Payでコンビニに行かなくても支払える対象を拡大中。ZOZOや電気代などの支払いにぜひ〜
https://line.me/ja/pay/merchant/invoiceline#md_card

ちなみにLINE Payでは「請求書支払い」というメニュー名になりましたが、コンビニに行かなくても、(巷で言うところの)「コンビニ払い」ができる機能を何と呼称するか、も論点になりました。w
コンビニ払いですが、現金派だからと一概に言えない側面があると思います。
ネット上にカード情報を入力することに抵抗があるサイトの場合、コンビニ払いが一番楽です。私がコンビニ払いを使うのはほぼこのパターンです。
セキュリティー上のリスクに若者は敏感、ということもあるのでしょうし、ひょっとすると、キャッシュレスでの買い物がお金の使い過ぎに繋がるリスクを無意識のうちに感じているといったこともあるんじゃないのかな・・・ 現実問題、現金決済比率の低い国は消費性向と家計の借金傾向が高い、という指摘もあるようですから。
コンビニ収納代行業界は、推計で「2017年の取扱額は11兆6千億円となり、この5年間で3割弱増」と拡大している。現金で払う人は多く、コンビニでの支払いが増えているようだ。ここでもこれまでの振込用紙がスマホで表示できるようになるなど、新たなフォーマットのシェア獲得争いが生まれている。
ZOZOのツケ払いと似た感じはしますね。
現金を利用するのは個々の理由があるから。批判されるような事ではないでしょう。

LINE Pay、ジャパンネット銀行では、一部の請求書をアプリで支払う事が出来る。クレジットカードではなくて、銀行を使って上手く回す人も増えるんじゃないかな。
「クレジットカードの利用を避けたがる人が目立つ」とあるけど、それもあると思うが、単純にはがき使った口座振替・カードの登録が面倒すぎるからでは?2ヶ月かかるとかおかしいよ。引っ越したらまたやり直しなのに。
資金繰りがタイトな中小企業もコンビニなどで現金払いしている。いつ払うか、どれを払うかをコントロールできるからね。