新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文章が長いので煙に巻かれそうになるが、がまんして読むと、
論理が飛躍しすぎて、経済学者の寄稿とはにわかに信じがたい内容に唖然とした。断定的表現と「可能性もある」という内容を積み重ねて、結論に至るのは、学者の言説としては感心しない。

「「リーマンショック」のような大規模な危機にならなくても、中小金融機関の経営悪化を招き、クレジットクランチなどで実体経済が停滞する可能性もある。あるいは新興国に深刻な経済危機を招き、世界経済が停滞するかもしれない。
 アベノミクスによる「見せかけの景気」が一気にはげ落ちた時に、打つ手がない。だから日銀は異次元緩和をやめられないし、株買い支えも続けざるを得ないのだが、こういったやり方が、いつまでも持つはずはないのだ。」

おっしゃりたいことは、政権の経済政策に対する批判なのだが、ではどうする、という肝心なことが書かれていない。
「5年間の「異次元緩和」によって、この3つの金融政策は機能不全に陥っている。政策金利はゼロに近い低金利になっているので、ショックが起きても、利下げなどで需要を喚起することはもはやできなくなっている。」

このようなことはこの20年位の間、議論されてきたことです。次のリセッションに対して、ECBはマイナス金利深堀りで対応するでしょう。恐らくFRBもそうすると思います。

マヒしているのは、中央銀行の機能ではなく、日銀の政策委員会でしょう。銀行に反対されたくらいで、最も効果が期待できるマイナス金利深堀りを封印すべきではありません。リフレ派として、外野では勇ましかった人達も政策委員になると全く大人しくなってしまいますね。
赤井さんのコメントに同意です

元トレーダーとしては、HFTで損失回避とか、CTAがさや抜きファンドとか、出だしからツッコミどころだらけで、逆に最後まで何を書いてくのだろうと興味がでました。
「中央銀行の死」というセンセーショナルな題名が付いているが、ここで論じている日銀による株価ETFや国債の大量買入れによる金融緩和は、株価や金利の買い支えと言われても反論できない規模になっており、今更やめられない「惰性の政策」になりつつある。
一方で、何かあった時の政策的なのりしろとして導入したマイナス金利は、機能しないどころか副作用が大きく、事実上撤回を余儀なくされている。
もちろん日銀の市場との対話や実務能力には国際的にも定評があり、何か起きた時にすぐにその信頼が崩壊するわけではない。
但し、大幅な円安などで輸入品の高騰や海外旅行の困難な状況になる可能性は高まっているとみていい。
怖いのは、こうした状況を正確に理解せずに、金融政策の維持やさらなる緩和を要求しかねない政治家の危機意識のなさだろう。
我々国民も、自分たちの少し未来の生活のために、こうした状況を理解し、政治家の無責任な言動や圧力には取り合わない姿勢が必要になる。
そもそも世界同時株安は、世界の株式市場に制御不能な資金が流入してボラティリティが高まっているから、心理的な不安の連鎖が現実の株安を生み、一つの市場で起きた株安が次々と連鎖しつつ上下動が増幅されるという、サッカースタジアムの観客席でのウェーブのようなメカニズムだと思うのですけど、そのボラティリティ増幅のエネルギー源はやり過ぎてしまった金融緩和政策だと考えますので、日本銀行をはじめとする中央銀行が批判されるのも仕方ないと感じます。とはいえ、日本政府を通して日本銀行に大規模な金融緩和を強要し、それでも景気が回復しないと金融緩和がまだ足りないからだと圧力をかけたのは他ならぬ日本国民だと考えますから、反省するべきは私たち国民だと思います。中でも特に反省するべき、アベノミクスの暴走を止められなかった経済学者の私がこれを言うのもおかしな話で、私が一番反省したいと思います。
赤井さんのコメントを読んで、記事は読まないことにしました…
今日みたいな日は読むべき記事を取捨選択をすることが大事です。