新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三起商行さんは2006年に東京海上キャピタルが資本参加し、上場を目指したものの難しく、2011年に取引先などが分散して株を保有する体制に変わっています
https://www.mikihouse.co.jp/sp/corporate/news/detail_sp.aspx?news_id=567&news_category=0&news_term=0
海外店舗と、国内店舗のインバウンド向けの内訳はわかりませんが、外国人向けが50%というのは凄い数字。日本人向けは落ちてるような気がしますが、売り上げ的には十分に補える規模感ですね
三起商行様とはスマービー時代から大変お世話になっておりますが、そのブレないものづくりに常に感服しています。

百貨店が厳しくなる中でも、あの完成された縫製基準マニュアルをもとに、本当に素晴らしいものづくりをされ、ミキハウスブランド以外にもDouble B, Hot biscuitsといったカジュアルブランドも生み出してこられました。

そうしたブランドの多層性が中国でのECを中心とした躍進を支えており、まさに「ジャパニーズブランドとして世界へ」を体現されている企業様の1つだと思います。
欧米からブランディングしてきた緻密さは本当にすごいとしか言いようがない。
アジアでは感覚的には欧米のブランドとして認知されているという話をうかがったことがあります。
ここまでタイムラインを広げられると今から真似しようと思ってもできない。笑
お手本のようなブランディング。
機内誌にやたらミキハウスの広告がある印象がありますが、長期的グローバル戦略の一部なんですね。70年代からアジアの富裕層をターゲットに動いていたとはすごい。
アパレル総崩れの中で、海外富裕層をターゲットにしたのは非凡です。それを70年代から企図していたというのだから、先見の明がありますよね。

現在外国人購入比率は50%。すごい。そのために外国人向けの企画もしている。生産ラインを持たずに。これもコストがかからない方法。

少子化を早くから予見していたからできたことですね。
三起商行株式会社(みきしょうこう、英:MIKI SHOKO Co., Ltd.)は、大阪府八尾市若林町に本社を置くベビー服・子供服メーカーである。 ウィキペディア

業績