新着Pick
621Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本自体おススメですが、50人で作ってたとは。。。本づくりのプロセスも面白いです。

具体的な企業をとことん図解しており、ビジネスモデル100本ノック状態、なにか掴めるはず。パラパラ眺めるだけでも楽しいと思います。(かさばるから、まだ買ってない)
働き方改革の流れの中で、終業後の余暇時間をどう使うか?は意欲高い若手層(だけじゃなく学び直しニーズの強い40代まで含め)には課題感は高まっていくだろうなと思っていました。

そうした背景からも、特定テーマ(共感を呼ぶ面白い切り口)でコミュニティを形成しながら学びとアウトプットを協働していくような場が成り立つ土壌ができつつあるんだと思います。
ビジネスモデル2.0図鑑自体も秀逸で革新的なのだが、その作ったプロセスがそれ以上に革新的だと思う。
色々なコミュニティはあってよいと思うのだが、個人的にはとても共感する。何かを得たいとかではなく、目的や世界観で集まる。結果として金銭が生まれているが、先に金銭ありきだとこれほどのものはできなかったのではないかと思う。目的や世界観が秀逸でピュアで、それが社会のニーズに合致するというサイクルは美しい。

SBC(Social:社会性があるか、Business:経済合理性があるか、Creative:創造性があるか)を満たす事例を取り上げたいというのがビジネスモデル図鑑の目的。そしてこの創られたプロセス自体がまさにSBCを満たしていると思う。
最近はオンラインサロンやファンコミュニティ等のノウハウが共有される記事が多い。

多くの場合、コアなコンテンツが

・分かりやすい
・真似しやすい
・共有しやすい
・抜けやすい

と言った共通点があるように感じる。

ほとんどがプラットフォームビジネスの要点と共通する気がする。うまくいっているコミュニティは、参加者の中でで生産者/消費者の関係をうまくコントロールしてエコシステムを作っているのかもしれない。

プラットフォームビジネスに関する良書のサマリー↓
【“Platform Revolution” Review and Summary※Chapter5あたり】
https://link.medium.com/cNnfEQGPrR
noteのときから拝見していて、とても分かりやすいと感じていました。書籍そのものはもちろん素晴らしいのですが、書籍化するまでのプロセスもまた参考になります。

集合知をリアルに実感できます。
こういう仕事を手掛けたいと思うお手本みたいな事例ですね。
この最初の記事はわかりやすくて凄く面白かった。全部無料公開していたのも凄いですよね。周囲でもバズってました。
書籍出てたんですね。noteはチラ見したことあるくらいでしたが、この記事を見て書籍買いました。
今月即ポチりした一冊。
人に伝えるための5W1Hと最低限の共通言語が全て詰まってます。