新着Pick
665Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
霞ヶ関には、大きく分けて国会ラインと財務省ラインがあります。この2つのライン、特に国会ラインでは一応首相をトップにタイトなスケジュールが組まれているので、国会ラインに入ったスタッフは、場合によっては単なるスタッフでも決めないといけないことがあります。→他に人がたまたまいない時
国会ラインに入ったスタッフに求められるのはきちんとした報告でした。村木さんも、国会ラインにいらっしゃいましたが、下のスタッフがやってしまったことは、自分がやったこととして責任を取っていらっしゃいました。
法案を提出している時の提出部署課長と国会担当の課長、官房長は、そうやってきたのを見てきました。
だから、村木さんが仰っている
>自由にやらせてくれて、間違ったときは責任取ってくれる。<
はご自身のことです。

間違えて後から取り返しがつかなくなることは、そうは多くないです、きちんと報告さえしていれば。
その意味で、決められないことは非常に困ります。
だから、堀江さんが言う、ボンクラ独裁者は、人徳があれば上手くいくかもしれません。人徳があれば良い人が周りに集まりますから。
うーむ、これトランプ大統領の正反対のような気がしました。

村木さんは、昔から変わらず変わらず人の話を聞くのが上手です。これも良いトップの条件かと思います。
村木さんの以下の指摘が流石、本当に正鵠を射ている。今次、外国人受け入れの核心は正にここで、端的に言えば「不況の時こそ試される制度」という認識が必要です。今は飲食・宿泊の働き手(の増分)が圧倒的に外国人に傾斜していますが、失業率が上昇する局面ではそうはいかないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(労働力は)足りなくなってきましたよね。ここが難しくて、余るときもあって、そうなると追い返すわけです。それを見ているとなかなかつらい。

どこの国もそうですが、都合のいいときは入れるけど、都合が悪くなると「おまえら、俺たちの仕事を奪うから帰れ」ってやるじゃないですか。

そういう人はジプシーみたいになって、どこにも居場所がなくなるみたいなことが起こってしまうわけですよね。

そのコントロールができるかという問題がずっとあって。政策担当者としたら、そこがすごくつらい。
組織はリーダーで決まり。その通りです。
今回の対談の結論は、意思決定の早い、部下に任せるボンクラなリーダーがいいとのこと。いらないことを言わず、さっさと決定すること、重要です。
なんとか後半は主題にまとめられました
変化の時代、とにかく間違ってても決断できる人がよいリーダー。そして、ボンクラの方が人に任せてくれるからやりやすい、なおよい、と。

何が正解かなんてなかなかわからないし、とにかく決断してやってみる。言われてみるとそれはそうだよね、と思うのですが、なかなか難しいですよね。あと、周囲がとかく失敗を叩くようだと機能しない。

暇人が悪さをするなんて話も出てましたが、日本が不幸なのは、マスコミにせよSNSにせよ組織の内部にせよ、人の失敗が大好きな暇な人が多くいることでしょうか…
ほとんどの組織の問題は、権限委譲できる腹と仕組みで解決すると感じます。記事で言うところの「早く任せる」こと。

今の日本企業では、良くも悪くもオペレーショナルな組織から強いアレルギー反応が起こる。

理由は以下。
①腹をくくれない=権限委譲された経験が少ない社員が多い
②仕組みがない=権限委譲する権限が委譲されてない社員が多い

もちろん、腹もあるし、仕組みを作る努力をしている方も多くいらっしゃる。すごく地道だし一見地道だけど、そういう方にスポットがどんどん当たってほしい。
堀江さんが、パン工場でアルバイトをしたことがあるとは驚きました。
「コッペパンや食パン、あんパンなどが置いてあって、それを伝票に従って店舗ごとに、コッペパン5個、あんパン5個といった具合にピックアップして箱詰めしていく」
私も一週間、アルバイトしたことがありました。休憩時間にパンを食べ過ぎて太りました笑
独裁的なリーダーについて。あくまで倫理観や誠実性があること、もしくはガバナンスの仕組みが整っていることが前提。
独裁的なリーダーにそれが伴っていないと、基本的に私益のほうに行きがち。私益に行かないようにするためには、本人の資質と、それを仕組みで牽制する両方が必要だと思っている。

労働需給は本当に深刻。ただ、効率化に反対が起こるのは職が減るから。逆にそこを外部環境的にはそこまで心配しなくていい状態というのは不幸中の幸い。過去の資本蓄積もあるし、一気に自動化が進められるかが日本の今後の一つのキーだと自分は思っている。
弊社では東京で働きたいって思ってる海外の社員は結構多いです!特にエンジニアとかは場所は問わず活躍できるわけなので、外国籍の労働者を増やすことってまだまだやりようがあると思います。
技術革新のスピードが劇的にあがり、環境変化が激しい現状において、最善は決断力を上げ、軌道修正を早くするという趣旨のお話は全くその通りだと思います。
一方、決断をするためには対象に関連する情報を可能な限り収集・整理しておくことは環境に関わらず必要であり、そこの最終決断の場面に至るまでに多くの判断の機会があるはずです。
そのプロセスにおける判断全てを経営者ひとりが対応することは現実的に不可能であるため、自ずと現場への権限移譲も必要になるということだと思います。
この連載について
2019年の4月30日をもって、平成という一つの時代が終わる。この30年で日本は、どのように変わったのか。 本企画では各ジャンルの有識者が「平成という時代」を自らの仕事、人生とリンクさせながら語るとともに、「平成の次の時代(ポスト平成)」についての思いを語る。