新着Pick
589Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
津川さんの著書はこの分野でベストだから必読ですねー。僕は好きなものを好きな時に食べられるだけ食べるようにしていますー。あとは記事にもあるように睡眠をきちんととってれば大体はバランスしていくと思います。キックボクシングの試合が近い時には唯一減量するのだけど、アマチュアレベルだと食のコントロール(インプット)は全くする必要がなく、運動量(アウトプット)を上げることで嫌になるくらい痩せるのよね。和牛も食べられるだけ食べる。食べすぎると体が油を受け付けなくなるから躊躇なく残すとか。
人気 Picker
栄養の科学的根拠は、突き詰めていくと何が正しいのか言われているほどクリアではないというところに行き着くことがほとんどで、対談で語られるように、食事がもたらす幸福度という要素も非常に大きいので、少しラフに考えるのがよいと私も思います。

私は日々がん患者さんと向き合う立場にありますが、残された人生の時間が限られた状況で、健康のために、どれを食べれば良いかと食品に気を遣われる方が数多くいらっしゃるのに気がつきます。もちろん個々人の価値観を大きく崩すようなことはしませんが、病気と向き合うために少し余分なエネルギーを使うので、食事はもう少し自由に考えるといいかもしれません、主治医からの一意見としては好きなものを好きな時に食べて構いませんよ、というようにお伝えしています。

多くの食品に関する研究は、人の食品摂取の傾向と病気の発症や死亡率の関連を扱った疫学研究で、強い関連があると示しているわけですが、クリアに因果関係を示してくれる研究ではないこと、交絡因子を完全に除外できないこと、個人レベルに落とし込むと、個々人の日々の食生活、運動、その他の社会生活など考慮しなければいけない要素はあまりに複雑で、研究結果を外挿するのは非常に難しいと感じます。

また、ただ長生きするというのではなく、健康で幸せに生きる時間を増やす、ということまでを考えると、一医師として、極論を言えば何が正しいのか科学では切れない、と感じています。
「インスタヴィーガン」! 「ヴィーガンインスタグラマー」ではなく!

私も、自分の体調を崩した時に食生活を見直しましたが、主治医に何を食べてもいい、何をしてもいいと言ってもらって気が楽になった経験があります。
食生活やトレーニングは、原理主義的になる人が多いですが、万人に合う「正解」はないと考えています。
一度、こだわってやってみるのは楽しいし、変化もでるものですが。

それにしても、堀江さんの薬を含んだ食生活の話は実験的でおもしろいです ^^
全体的に間違った方向に向かってる人が多いって話ね。
薬は身体に良くないという誤解。
精神的幸福感を食事でどこまで考えるか。

食べては行けないものだけではなく、食べた方が良いものを意識する。

などなど白と黒ではなくグレーのなかでバランスを取るためにも大事な記事ですね。
食事や睡眠と健康の関係は個人差も大きいでしょうし、それこそ欧米人と日本人、居住地域の気候などでも異なるのではないかと思います。
私の場合は独立してから基本的にやらされ仕事や判断を仰ぐことがなくなり、出勤もなくなり、寝起きも仕事の時間も自由に選択できるようになってから
やはり健康感は増しました。
疲労感や倦怠感、体調不良も初期段階で気づいてスローダウンしたり、ゆっくり風呂にはいったりする余裕があればだいぶ改善されます。
予兆に気づくには自分の体調と素直に向き合う時間が必要で、スケジュールを人に委ねてしまうとそこが難しいと思います。

あと、
家族と一緒にいる時間が増えたこともストレス減には大きな影響があると思います。
自分が育てた野菜を家族みんなが日常的に食べているという充実感が大きいですし(動物のオス的な感じで、ダイレクトに必要なものを供給できている感じ)
特に子どもとのスキンシップはリアルにオキシトシンなどの幸福ホルモンがでているのを実感します。
覚えた
・ 睡眠は体重コントロールの観点でも重要
・ イクラは仕方ない
・ リパーゼ阻害薬は飲み所を誤ると社会的に○ぬ可能性がある

そして今回もシャトーブリアンTシャツ着てていい感じの堀江さんですが、肉の話が相変わらず面白いです。そのうちWagyumafiaのお店行ってみたいなと思いながらインスタ見てたら、とりあえずあのポーズ(と目つき)だけはできるようになりました。中目黒店は会員じゃなくてもいいんですよね。行こ行こ。

赤い肉が悪いという理屈は僕もよく分かりません。成分的にダメな要素が見つからないといいますか。赤いのは筋肉中のミオグロビンに含まれる鉄錯体の色であって、それ自体は人間に特別悪いようにも思えませんし。それ以外はただのタンパク質と脂質と水分ですし...。飼料に起因する微量の物質?うーん。
発色用の亜硝酸塩ドバドバだと言われると流石にちょっと躊躇しますが、そういう話と混同しちゃってる人が多いのではと思います。
僕もお肉はよく頂きますが血液検査はオールグリーンですよ。全部の数値が基準範囲のど真ん中の健康優良児です。ほんとにダメなのか人体実験を続けてみたく。

人体実験と言えば、堀江さんは確かNAD薬も試してませんでしたっけ。ああいったのも含めて、もろもろの「実験結果」をまとめた本が出てくると嬉しいです。
堀江貴文さんの連載「予防医療サロン」、津川友介さんとの対談後編です。「赤い肉」(牛肉や豚肉)は体に悪いという津川さんに対し、和牛ビジネスをしている堀江さんが反論します。
健康に良い食品の代名詞みたいになっているトマトも、トマチンという毒性を含んでいて、熟したものだと1日4トン食べると(食べられないけど)死ぬ、熟してない青いトマトだったら3.4キロ食べると半致死量だそうで・・。
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=803

健康にいいとか悪いとかって、いろんな思い込みがあるなぁ・・とつくづく思わせてくれる対談でした。
健康に関する議論は、究極を言えばお好きなものをお好きなだけ、に行き着くから、メディア的には面白い記事にならないからつらいよなあ、だから、世の中にはよく分からない健康情報が踊っちゃうんだよなあ、と、思いながら読んでいたら、途中の堀江さんの「ドーピング」の話で面白さが爆発した。
堀江さんがう○こ漏らした話が読めるのはnewspicks くらいなんじゃなかろうか…

そうかー、自分の体って、何かの実験をするのにものすごくちょうどいいんだ。研究所の設備がなくてもできるお気軽な実験だ。効果を定量的に測定することは困難かもしれないが、定性的になら、身体感覚として実感することができる。

やはり堀江さんは稀代の遊び人だった!
健康のためとか言っているけど、絶対に堀江さんは自分の体を使った人体実験をエンタメとして楽しんでいる。

割と僕の中では、健康情報、医学情報を収集するモチベーションってゼロに近かったのだが、この「ドーピング」による人体実験を知ってしまったいま、俄然、医学情報にアクセスするモチベーションが上がっている。

いい記事だったなあ。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。