新着Pick
752Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「会社はトップで決まり」です。ダメなトップからは、優秀な人材が逃げて行き、いいトップにはいい人材が集まるものです。修羅場は、メンタルトレーニングの場です。楽だけしていては優秀な経営者は育ちません。筋トレと同じで、あるレベル以上のメンタルな負荷がないと強くなりません。修羅場から逃げずに突っ込んで行きましょう。
徳谷さん、伊藤さん、とても楽しいパネルでした。ありがとうございました。
それぞれの組織の「変革の起点」をいかにして見出すか。
同時に、個々が、「修羅場≒Creative Jump」を楽しみつつ、未来を見据えて、意思決定・行動し続けること。それが、ひいては世の中全体の変革の起点になっていくと感じます。

佐山さん、伊藤さんとご一緒させていただき、非常に学びと刺激の多いパネルでした。ありがとうございました。
Uzabaseカンファレンスの中でトップクラスに満足度が高かったセッションのレポートになります!
エッグフォワード徳谷さんモデレーターの元、佐山さん、伊藤さんに組織論を語っていただいています!
ぜひご覧ください!
「社内価値と市場価値の2本足」、これは意識していたことですが、はっきりと言語化されてより明確になりました。

予備校講師は、社内価値=市場価値と勘違いしがちなんです。なぜなら、予備校講師としての仕事だけで、結構な収入を貰ってきたからです。我々の世代は上の世代よりも貰っていないからこそ、外に目を向けることができた。ある意味、ラッキーだったと前向きに捉えています。

今の自分では、代ゼミの中での価値はそれなりにあると仮定しても、「代ゼミ講師」としての肩書きを降ろしたら何も戦えません。これを打破して、生活を安定化させようと40歳を機に色々なことを勉強中です。

大変な良記事に後押しされ、今後の自分が楽しみになってきました。
私もこのセッションを拝見しました。記事には書かれてませんが、佐山さんの「意見を言うと飛ばされるトップだと下は皆それにならってしまい、組織は腐ってしまう。自分の周りをイエスマンだけで固める社長や会長はよく見かけますが、そのような組織ではトップ周辺だけでなく、末端まで上司の顔色をうかがう人間が重用されるようになり、会社全体が腐ってしまう。」というコメント、過去の経験からもとても納得感がありました。そのほかにも印象的なコメントはたくさんありました。
めちゃくちゃ参考になります