新着Pick
887Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPの就活特集で毎年人気を頂いております 「いま22歳だったら」シリーズ。就職という枠を超えて、仕事観や働き方のヒントを探る人気企画を今年の就活特集でもお届けします。今年のシリーズ初回はライザップの瀬戸健社長です。

いつも自分を大きく見せようとは決してせず、人の心に寄り添ってくれる共感力が抜群に高いリーダーですが、就活生にも無理してやりたいことを見つける必要はないと、アドバイスをして下さいました。就活や将来を考えることに疲れたときに、是非、お読みいただきたい記事です。
この連載でいちばんしっくり共感できましたし、いちばん後輩の学生に読んでほしいと思いました。

就活というと、どうしても「こうしなければならない/あらねばならない」といった話になりがちで、昨日までの連載もあたかもスーパーマンにならないと立派になれないのでは?と強迫観念に苛まれそうになります。

瀬戸さんが人一倍の努力をされてきたことは言うまでありませんが、どこか肩に力が入ってないというか、悟られているというか、共感を覚えずにはいられないんですよね。

『求めるより先に、求められるだけの人間になろう』
学生にはこのメッセージが最高のアドバイスになると思います。
"いきなり自分よりはるかに偉い人に助けを求めたところで、ギブ・アンド・テイクの関係が成立しません。"
瀬戸さんのプロセスは凄すぎて毎回全く真似できる気がしませんが、そんな風に思っている人は多いはず。私もその1人ですが、10個のうち一つくらいは真似してみることはできるはず。それを繰り返していけば人より良いプロセスを重ねられるのではないかと思っています
豊かになったこの時代、社会へ出る前に明確な「やりたいこと」を見つけている方が珍しいのかもしれません。

大多数は、よく分からないまま仕事をしていくうちにそういった意識が芽生えてくるものではないでしょうか(一生芽生えないとしても別に不思議でもないし悪いことでもありません)。

実際に若手社員と産業医面談をしていても、よく分からないまま入社してしばらく今の仕事と向き合ってみることで、自分の人生について真剣に考え出した、というケースによく遭遇します(そういった社員は「こういったことをやってみたいと思います!」と幸せそうに転職していったりします)。

また、やりたいことと問われると思い悩んでしまうものですが、意義があると思ってること、課題だと思っていること、使命感を感じていること、好奇心を持っていること、などといった観点から問うてみるとヒントが見つかるのかもしれませんね。

ただ、もし全てに失敗したとしても何とかなるというプランBを持つリスクヘッジ感覚も一方で大事なのかもしれません。

勿論、少なくとも日本においての補償制度がある限り野垂れ死ぬことはそうそうないのですが。

いずれにせよ、こんな議論をできるほどに豊かな時代にしてくれた先代へ感謝ですね。
礼賛ばかりでも面白くないのであえてオブジェクションします。

>人生は、一度きりしかありません。だから、目標だって、何度変えてもいいのです。その都度、ワクワクできることや、やりがいを持てることに一生懸命になりましょう。<
学生さんはこれを受けて思考をやめないでくださいね。
考えまくっていきつく結論はこれで良いと思いますが、無思考で「すきなことをやろう!」って決断するのは危険です。
カッコいいですね。ちょっと古いですが、矢沢永吉の「成りあがり」を思い出しました。確固たる成功イメージと実現するための具体的なアクション、明確なタイムライン。そして強い信念と情熱。

単なる精神論ではありませんが、自己実現、やっぱり最後は強靭なハートと地道な努力なんだな、と思いました。
やりたいことなんてなくていい。まさに、と思います。やりたいことが見つかってる人は突っ走っていくだけだと思いますが、むしろある人の方が世の中では圧倒的に少ない。

だからこそ、なかなか見つからずに悩むのだとも思いますが、今回の瀬戸さんのインタビューはとてもシンプルに、でも優しく、寄り添うような形で応えてくださっているのではと思います。

個人的には、人から求められることの中にもヒントがあると思ってますし、周りの多くがやりたがらないことで自分は嫌いじゃないこととかにもヒントはあるなと。そういう傾向を探してみるのもありなのかなと、思います。
【ジョジョ三部のアヌビス神のように自分のキャリア思考もアップデートする】
ライザップ瀬戸社長のインタビュー。就活生やこれから社会人になる人に向けたメッセージ。瀬戸社長が良いキャリアを築くためにどんな思考をしてきたのか。
瀬戸社長に限らずいろんな人の思考方法を知ること、その中で自分に合うものをインストールし、自分をアップデートすることは、自分を高める上で必須だなと思います。
私個人のイメージはジョジョ三部のアヌビス神ですかね笑 リンモチ時代の上司の例えですが、今もその通りだなと思っています。
ドラクエの話が出てきましたね。ドラクエとキャリアや人生を重ね合わせている人はわりと多い印象です。

経験を積み、仲間を増やし、より良いモノを身につけ、より強大な敵に立ち向かっていく。

様々な場所を訪れ、その場所の問題を解決し、人の優しさに気付く。一方で、問題の根本原因に気付いていく。

こうした、成長のプロセスは確かに楽しいですよね。
毎日毎日戦い続けるのはタフですけど…。
共感する部分が多いインタビューでした。特に↓。やりたいことがないと感じるとき、こうやって行動して、出会いを増やし、自分が、どんな人と、何をやりたいか、を考えるためのインプット増やすことが重要と感じます。

「人から求められるだけの人間になる上で、就活生には、インターンシップやOB・OG訪問に積極的になることもお勧めします。情報交換し合うだけではなく、目指す未来や、価値観を共有できる人たちが多い会社を探すことにも寄与します。」
この連載について
経団連は2021年卒以降、就活ルールを提示しないことを宣言。これを受け企業は、2021年卒の採用スケジュールをますます前倒しするといわれる。 また、売り手市場が続くと言われるが、大手はここ数年採用数を増やさず、年々狭き門になっている。そこでNewsPicksは、不安要素が多い2021年卒の就活をサポートすべく、会社選びや適職探しの極意を伝授していく。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
2,364 億円

業績