新着Pick
182Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
一番のカギはこういう異文化の人を社内で受け止める度量が組織としてあるかどうか。まあもうあそこまで大きいと大丈夫なんでしょうかね。
今ITプラットフォーマー寡占企業群にとっての最大の敵は、競合の存在でも、トランプでもなく、欧州議会です。
最も取締りに先鋭化している。軒並み数千億円の罰金を課す「Super Power of regulator」と言われる欧州公取のマルガレッタ女史、あるいはGDPRを皮切りに、「リンク税」などデータ寡占企業の財閥解体に次々と手を打っている。

当然ザッカーバーグとしては、それにプロアクティブに諜報、ロビイング、PRを欧州議会の中に入り込んで行わない限り死あるのみ、当然の人事と言えましょう。
国とのやりとりも経営課題として重要だとは思うが、一方で最近のFacebookで気になるのは「誰がユーザーの声をプロダクトに対して代表しているのか」という点。
下記でもコメントしたが、創業期にはザッカーバーグ氏がそうだったし、WhatsappやInstagramもそういうトップだった。そしてそれが最近薄くなっている。これだけの規模を得ているからそう簡単にユーザーは離反できない一方で、ユーザーに向いていないプロダクトは代替物が出てくれば捨てられる。
https://newspicks.com/news/3362334
政治家ではないので比較できないことかも知れませんが、ペプシコーラの社長からアップルに転身したジョン・スカリー氏を想起しました。あのスティーブ・ジョブス氏の「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と一緒に世界を変えないか」という口説き文句は今も素晴らしい輝きを放っています。ただ、そのスカリー氏がジョブズ氏をアップルから追い出したことも同時に想起しておかないと。
GAFAが新しい世界のルールを作り続ける中で、既存社会のルールとの整合性をとるために、今後もますすま政府/行政関係者を社内に取り込んでいくことでしょう。
NPOもルールをつくる仕事ですから、NPO出身者が行政やメガベンチャーに転身するような事例が生まれていくと考えています。
この方について多くの情報を持たないが、
規制のない新分野から始まったGAFAも
さらに成長をしていくためには、
不要なフリクションをさける賢さが必要。

それを理解して着実に手を打っている、
ということだと受け取っています。
ソフトバンクの嶋聡元代議士、LINEの村井宗明元代議士など、日本でも国会議員経験者を採用する例があるが、政界と経済界の人の往き来は、もっと増えればいいと思う。
欧州味方に、中国も味方に
とくに欧州はGDPR対策や今後また取り組まれていく新たな規制にも警戒が必要でしょう

今回のみならず、色々な会社がすでにこうゆうことはやってるかと思います、ウーバーはとくに
米フェイスブックが英元副首相のニック・クレッグ氏を国際戦略・広報担当のトップとして起用すると発表。
なるほどねー!そういう人事がありなのか。日本でもあり得るなぁ。