新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
縦に伸ばすのは村田製作所の工場の特徴①②だが、最近発表されたコンデンサー原料増産用生産棟は、地上5階地下1階③④。工場を、地上で上に伸ばすだけでは足りず、遂に地下にも伸ばし始めた。それだけ需要が旺盛で供給が間に合わないという事。ここまで来ると、供給責任果たすのも大変。

https://newspicks.com/news/1575633
https://newspicks.com/news/1665580
https://newspicks.com/news/3387064
https://newspicks.com/news/3385967
下記部分についての解説。
『村田は自動車メーカーの顧客に対し、スマホ向けに供給している体積の小さなMLCCの採用を働き掛けて、現状の設備で物量を確保しようとしているが、自動車メーカー側にとっては設計変更につながることから、部品の切り替えには時間がかかるとみられる。』

セラミックコンデンサー(MLCC)は、色々なサイズ・特性がある。
ものすごくシンプルには、練って焼いて作られるが、同じような特性を小さいサイズで作れれば、原料や焼く面積は一緒でも、より多くのコンデンサを作れる。
電子機器では小さい面積に多く搭載するために、サイズが小さいものが好まれる。一方で、自動車は相対的にスペースがあるので、そこのニーズは相対的に小さい。
あとは、小さく作ることも簡単ではない。それらのバランスで生産量、コスト、価格が決まっていく。

なお、増産計画を発表している(Nakanoさんがリンクも張ってくださっている、有難う御座います!)。
部品価格は下がるのが当たり前の世界で、上がっているときが大体ピーク。ただ下がっているときは経営が厳しく投資資金もねん出しにくい。そのなかで元々高収益だから、厳しい時にキャパを抱えていても利益を上げられ、キャパがあるから供給責任を果たせるゆえに顧客信頼を勝ち取るというのが、電子部品・材料のトップ企業の常勝パターン。ウエハの信越も同様。
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
4.45 兆円

業績