新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各現場でどのような仕事があり、どのように障害者の方々に活躍して頂くか。
それが全く見えていない中で『来年度中に4,000人』というのは、かなり乱暴ですね。

数字ありきで無理に採用すれば、「仕事が無く、ただ居るだけ」という状態が増えるだけだと思います。

以前に障害のある当事者の方々へ「転職・退職理由に関するアンケート調査」を実施した際も、そうした状態を理由に挙げる人が多くいました。

「仕事が無い」ということは「期待されていない」ということ。
そう思いながら働き続けるのは、とても苦しいことだと思います。

数字ありきではなく、どれだけ活躍できる人を増やしていくか、というところで、しっかり議論がされて欲しいと感じます。