新着Pick
362Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この議論は非常に重要。
仮想通貨は現在は投資や投機の対象だが、せっかく去年のように大幅に値上がりして課税対象が増えても、正確な損益計算ができずに納税を断念したり、把握出来る限りでの納税でお茶を濁しているケースは多いだろう。
一つの方向性としては、損益計算ツールなどのサポートツールの充実であり、抜本的な対策としては、税制の簡素化や少額非課税制度の導入である。
複雑な税制は、これから拡大する仮想通貨の決済・送金での利用の妨げにもなるため、早期の見直しが求められる。
複雑すぎて、申告がわからないという人が増え、納税したくてもできない、政府からすれば徴収できないくらいなら、いっそのこと簡素化してしまって、納税・徴収しやすくしようということですかね。
真面目にやると超大変ですよこれ。
株式と同じ課税関係で、出国税も対象になる、というゴールでおおむね決まってるでしょうに、早くやればいいのに、と思います。

不透明もしくはアンフェアな課税関係が市場シュリンクを主導しないよう祈ります。
仮想通貨の税金については、弊社にも多くの相談があります。
私自身も、仮想通貨に投資していますが、取引所の履歴が分かりづらく、正確な利益を出すのに、苦労してます。
現在の仕組みでは正確に納税をしたくても難しい状態ではあると思う。簡素化されることは望ましい。議論が派生してシェアリングエコノミーに関しても正確な課税・納税という話が出てきているようだ。
簡易的な課税制度を設けるとして、具体的にどんなアイディア・方法がありうるのだろう・・・。上場株式と異なり「仮想通貨」自体に規制がかけられていないので、かなり難しい問題のように思いますね・・・。
まっ、殆どの人が含み損の状態。
NKKスイッチズ株式会社(英名: NKK SWITCHES CO., LTD.)は、産業機器用の操作スイッチ専業の製造会社。特にトグルスイッチで世界的に高いシェアを持つ。1995年のエレクトロニック・バイヤーズ・ニュース(EBN誌)にて、スイッチ部門で世界のトップ5に選ばれている。 ウィキペディア
時価総額
39.3 億円

業績