新着Pick
803Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日ご招待頂き、津賀社長のお話を
聞きました。

くらしをUpdateする企業
と言うのが新しいコンセプトとの事です。

あえて、未完成な、いわば余白を残した
製品を世の中に出す事により、お客様と
共に成長する。

そこには、ソフトウェア業界のとりあえず
出して、よくしていく発想を感じます。

これから出てくるものを楽しみにして
おります。
今日からは有楽町で記念フォーラムも開催されますね。ようやくHome Xの全貌が明らかに。
残念ながら自分は共同研究をしている身にもかかわらず参加叶いませんが、ラボのポスドクがパネリストとして登壇予定。

パナソニック創業100周年記念
「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」の概要とみどころ
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/10/jn181001-1/jn181001-1.html
次の百年、パナソニックの経営者の頭にそればかりかも。
もう家電の百年ではない。
B2Bのパナソニックに変化しようとしているが、それは大きなリスクがあり、
やはりB2Cのパナソニックで行くだろう。
その時、どんな商品を作るか、
本当に付加価値の高い商品か、
パナソニックは大きな試練に直面している。

追伸
100周年の記念行事を取材した。
非常にパナソニックにたいする理解を深めた。
この記事はさらに100年の内容をうまくまとめている。
自分の記事を書く際の参考になる。
車載ビジネスへの拘りは津賀社長の視座に依拠します。パナソニックの次の100年を繋ぐビジネスになるか、要注目です。
こう纏めてもらえると、社会的イノベーション連発の系譜がよくわかる。特許を買い取り無償提供や、週休2日導入など、このころから100年の系譜を見ていたように、長期的投資がPanasonicを大きくしたないるようにも見える。

次の100年が電機設備だけではないが、大企業だからというレッテルのないイノベーションを期待したい。
おー、これは後でじっくり見たい!
カタログぽくてかわいい
この連載について
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.58 兆円

業績

業績