新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジェネリックの反対語として「新薬」という言葉を使うから、無用な混乱を生むような…
カッコ書きされている、「先発医薬品」という言い方の方が誤解が少ないと思う。

良し悪しを別にして、いまの、「医療費が無料」かつ「ジェネリックとかよく分かんないし」という状況に置かれた親が、ジェネリックを選択する理由は、ほとんどない。
僕は、ジェネリックを選択することになんの問題も感じないので、積極的に、使うけど。

一般に、自分の子供に関わることに関しては、親は慎重になるし、リスクを過大評価しがち、と言われていて、これは、まさに典型的な例。

同じ厚労省が認可しているのだから、先発医薬品を信じるのと同じロジックで、信じてもいいんじゃないの?と思うけど、まあ、「本当に一緒なのか?」と疑いたくなる気持ちもわかる。

ジェネリック医薬品に関してはこちら。
https://www.jga.gr.jp/general/about/faq01/
『ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同等なおくすりです。厳しい試験に合格し、厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造・販売しています。』

追記
ジェネリックと、先発医薬品、有効成分は一緒なのですが、添加剤は、異なる場合があります。
同じように認可を受けている、といえども、完璧に1から100までが同じじゃない、という点も、みなさんを混乱に陥れている可能性が高い。
あまりにみなさんネガティブな意見ですが、、、

そもそも小児でもっとも処方されているであろう感冒薬や鎮咳薬、鼻水止めや抗菌薬などは処方自体が推奨されてませんけど。。。という前提は置いといて。

ジェネリックと先発医薬品の差は臨床でそれほど感じません。テープ薬は肌に合う合わないありますし、アレルギーの可能性はありますが、それも先発医薬品でダメで後発品で良いということもあります。高いからよく効くということはありません。安いから悪いということは、物によります(かなりメーカー多いので、、、)
「無料だから高いものを」「無料だからいらない検査も」
なんと無駄の多いことか。

教育も医療も無料化はよく話題になりますが、例えば数百円であってもある程度受益者の負担は必要だと思います。
子どもの医療費を無料にしていただいていることに対する謙虚な気持ちは常に持っておきたいなと思ったり・・・
医療費無料の賛否はあるとして、小学生の頃からヘルスリテラシーが高まる教育を厚くできるとよいのですが。

5歳にでもわかりやすく伝えれば、お菓子は糖尿病、塩分は高血圧といった繋がりを把握できるようになります。
現状、処方されいている薬が身体にあっている場合、ジェネリックに変えて副作用が出ることを恐るというパターンもある。しかしながら、医療費無料だったりする場合の処方などは考えていかないといけないと思う。
ジェネリックを義務付ければ良いだけ。患者の負担でなければ当然、医者も薬局も高い薬を勧める。罰則は医者と薬局に対して行うべき。それでも患者がジェネリックを拒否した場合には患者が差額負担すれば良い。
効用は変わらず医療費削減になるジェネリックがオススメですが、どうしてもイメージで新薬が良い方はお申し付けください、ぐらいで良いのでは。