新着Pick
14Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
18歳で投票ができるようになり、「政治教育」や「主権者教育」に注目が集まっています。教育現場でも政治的な話題をどのように扱ったら良いか様々に議論されています。

日本では選挙のたびに、若者の投票率の低さが話題となっています。政治に対しての関心を高めていくことは重要な課題ですが、そのヒントを得られるのがスウェーデンで行っている「模擬選挙」という取り組みです。模擬選挙の取り組みを実際に行なっているスウェーデンの学生に、お話を伺っていきました。

ヨーロッパ・北欧の若者政策・教育、ユースワーク、若者の社会参画に関して研究に取り組んでいる両角達平さん(スウェーデンの若者政策専門家)の記事となります。