新着Pick
497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
奥野さん、素敵すぎる。ベンチャーは、このなんでもやるマインドが大切なんだよなぁ。あの危機的状況が、順々ではなく、同時並行だなんて、恐ろしすぎる。
本業である財務の仕事はもちろん、営業報告や店舗での接客までやっていたという奥野さん。体制が整っていない企業の経営者は、究極の何でも屋でなければならないことがよくわかります
"顔を合わせて初めて話を切り出すとか非効率すぎて、そんなスピード感では成長できません。"
一つのアポにかける熱量が高いですね。内勤の人だとなかなか感覚的に理解できないかもしれませんが、外を回ると一つのアポで往復2-3時間はかかります。どんなに効率的に動いてもせいぜい1日に4-5件しかまわれません。必然的に生産性を上げる必要性にかられますよね。でも外を回って得るものは本当に大きいのでやめられません。
奥野さんの語りは実にリアル。臨場感がありますね。ハラハラする場面もあります。本人の体験談だから当たり前なのですが。

フェニックスは灰の中から大空へ飛び立ちます。会社は燃えつきようとする灰のごとくだったでしょう。悪戦苦闘の日々は精神的泥沼だったことでしょう。

その逆境を跳ね返したパワーはすごい。
凄まじい経験の数々。見習いたいです。
30代までに死ぬ気で働く、そのラインを引けばそこまでは頑張れる、というのは納得です。そう思って頑張りたい。

以下も凄くよく分かります。
吸収度より火事場の馬鹿力ですね。

他にも山ほど案件を抱えている状況で、さすがに「毎晩こんなことを続けていたら死ぬ!」と思って、VBAを猛勉強してコードを書き、ボタンを押せば3分で作業が完結するようにしました。
プログラミング言語の習得はそれまで何度か入り口段階で挫折していたのですが、年をとっても切羽詰まれば簡単に吸収できるものですね(笑)。
前回からシャツが気になっていたのだが、そんな背景があったとは!
素晴らしいね
私も昨日の記事写真で奥野さんのシャツを拝見したときに「キャラ同様ユニークなセンスなんだなぁ」と思っていたんですが、最後のオチを読んで感激しました♪
小説読んで、真っ先に思った感想は「奥野さんはんぱないっ!」でした。小説よむとあっという間の出来事で1年ぐらいの時間軸なのかな?と感じてしまいますが、7年間という長〜い時間である事実に呆然。そして尊敬。とてつもないメンタルであると思います。〉日繰り表を毎日更新しながら、数万円単位で全ての支払い予定をコントロールしていく必要があります。ひどいときには年商60億円でも預金残高が数百万円になったり……そんなことを80カ月以上ずっと繰り返していたわけです。
>「1号店オープンの際には私もシンガポールに行きました。まさに「百聞は一見にしかず」ですね。経済発展の様子やショッピングモールの活況に加えて現地メガネ店の旧態依然ぶりを見て「これは攻めるべき」と思いました。」

現場を見れば必ず得られるものがある!
株式会社フェニックス(英文社名:PHENIX CO., LTD.)は、東京都新宿区に本社を置くスポーツウェアのメーカーである。 ウィキペディア