新着Pick
750Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
『破天荒フェニックス』を読んだ人なら、奥野さんに共感せずにはいられないと思います。社長の田中さんの無茶振りに応え続け、銀行との難しい交渉の矢面に立ち…。しかし関係者の方々に話を伺うと、奥野さんこそが一番「破天荒」だと聞きます。今回、その裏側について取材しました。
> 「地方のメガバンクは、地場の地方金融機関へ不良債権を押し付ける「メイン寄せ」も露骨に行っていました。」

財務リストラの現場で出くわす用語の「メイン寄せ」。
「メイン寄せ」とは、財務危機に陥った会社に融資している金融機関は、誰もが自分の分はさっさと回収して逃げたいと思うところ、非メインバンクが融資をしゅくしゅくと回収し、その結果メインバンクの融資比率が引きあがっていくというもの。

地方の企業であると、そのメインバンクは地場の地銀であることが多いです。
逆に、東京が本社の会社であると、そのメインバンクはメガバンクなどの大手金融機関であることがあります。

---
昔、東京都心のとある場所で見たメイン寄せの光景はこんな感じ:

地銀「やはりここはメインさんにしっかり責任を取って頂かないと」

メガ「いやいやそんなこと言われると纏まるものも纏まりませんよ。レンダーはパリパス(同順位)ですし、我々も弊行の株主に対する責任がありますから、昔のようにメインバンク責任/メイン寄せと言われても通りませんよ」

地銀「いやいやメインさんはボロワーからの情報が多いですし、我々は全然知らなかったんですよ。我々のような小さいところが抜けても関係ないでしょう?やはりここはメインさんにしっかり責任を取って頂かないと」

メガ「いやいやそんなこと言われると纏まるものも纏まりませんよ(以下、本当に資金繰りの危機が到来するまで繰り返し)」
資金ショートのピンチを救ったポイントは、以下のところですね。

”OWNDAYSの買収直後に数億円の融資を引き出せたのは、「そのまま添付すれば簡単に融資稟議を提出できる」資料を作り込んで銀行の担当者へ提供したから“

カウンターパーティの立場で洞察力を働かせ、心のツボを突けることは、どんな境地であっても共通の武器です。
「破天荒フェニックス」で大暴れする田中さんをなだめサポートする奥野さんのインタビュー。喧嘩上等で、漢気溢れてて、面白い。田中さんが、奥野さんの方が破天荒という理由がわかる。笑
資金の出し手のロジックが分かっている人がいることほど強いことはない。
特に、元々銀行員として、組織の論理として本意ではないことを苦渋でやっていた経験があられたからこそだったのではないかと思う。
それこそ、もう一度こういった方が銀行側から再生に関わられたり、そのノウハウやリアルを金融側でも伝えられるようになったらとも思う(でもきっと事業サイドにおられる方が楽しいのかなぁとも思う)。
このようにある事象を両側から見ていくキャリアを構築される方が、もっと増えるといいなぁと個人的には思う。
"「どうしたら納得してもらえるのですか? 裸踊りでもしましょうか? じゃあ踊りますよ! 」"
行き詰まった交渉を打開するにはぶっ飛んで開き直ってみるのはかなり使える手だと思います。よく沈黙に耐えられず情報を小出しにする人がいますがやめたほうがいいですね。まだ条件引き出せるぞ、と思われてしまいます。
オンデーズの再生の舞台裏では奥野さんが八面六臂の活躍をされていることがこちらの記事であらためて明らかになったわけですが、こんなステキな方が右腕としてジョインされたということで、社長の田中さんがいかに魅力的な方なのかということも再び浮かび上がっきました。

読後の爽快感が最高です♪
こういうひと貴重
破天荒フェニックスは奥野さんに共感できるように作られたとのこでしたが、まさかの奥野さん主役連載。銀行とのやりとり、当時は滅茶苦茶に大変だったのでしょうが、エンタメとしては凄く面白いです。楽しみです!
会社内部の方の証言は具体的で、かつ興味深い。『破天荒フェニックス』、われわれ倒産記者は必読ですね