新着Pick
163Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
伝統的な塾業界は経済性から言えば典型的な分散型で規模は効きにくいです。出店ごとにかかるコストが多いので規模を拡大することで薄まる共有コストは少なく、クオリティも極端に言えば校舎に所属する先生に拠るので横一列に保ちにくい。

しかしながらデータ活用という文脈になると途端に規模が大事になるので、そちらに向けて本格的に舵を切ろうとしている(あるいは、そうせざるを得ない)ように見えます。タクシー業界と似ています。
再編の第2波という感じでしょうか?

以前、代ゼミとSAPIXなど、タテの系列化がありました。

今回は、横の提携が主ということかもしれませんね。
技術革新で、先生の役割が教えるから促すになることで、大規模人材がマストでなくなり統合で経理効率化が一層しやすくなるということかしら。これ、通信社やメディアも同じ現象が起きる気がする。。速報はAIで、細やかな記事は記者さんとなり効率化が‥。法制度や日本語とい壁から再編が進みにくかったものの、技術革新がはっぱをかけしうな‥
そもそも、塾が産業としてこんなに膨らんでしまうこと自体が国として望ましい姿ではなく、
学校教育+家庭での教育
で知識や思考力、および文化・規範が育まれることが目指すべき姿ということは忘れてはいけないですよね。
塾・予備校の合従連衡が加速している。少子化ではあるが、教育費にかけるお金は増えてきている。ここを狙って各社、オンライン、オフライン両面から大きな組織を作ってアプローチをかけようとしている。
少子化だからねぇ
EdTech業界は、注目の業界!
弊社のクライアントでも、この分野で頑張っているところがありますが、可能性を感じます!
株式会社学研ホールディングス(がっけんホールディングス)は、学習塾などの教育サービス、出版物の発行や保育用品などの製作販売、サービス付高齢者向け住宅や認知症グループホームなどの介護施設・子育て支援施設の運営等の事業を統括する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
513 億円

業績