新着Pick

就活新ルール、罰則設けず…企業名公表は見送り

読売新聞
政府は、経団連が廃止した採用指針に代わって策定する新たな就職・採用活動のルールに罰則を設けない方針だ。通年採用を取り入れる企業が増えている現状を踏まえ、ルールに従わなかった企業名の公表などを見送る。
175Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
誤解されている人が多い点ですが、世の中から就活ルールをなくす決定をしたわけではなく、経団連「は」ルールを決めないだけです。ルールがなくなるわけではなく、今度は政府・大学らが連携してルールを模索中というステータスという理解が正しいかと思います。

ルールを定めど形骸化という事態を避ける一案として罰則などは当然検討にあがるテーマかと思いますが、企業活動の自由・競争力をどう考えるか?という点でも現実的ではないと思います。
人気 Picker
とても残念な内容。
ただ、今の時代ならSNSを活用して実質的な罰則を与えることはできると思います。学生一人ひとりが不満を声にあげ、仲間と共に拡散することで、その企業はルール違反した悪徳企業と共有できる筈。仮に政府が罰則を設けたとしても、実名公表の他は精々罰金くらいでしょう。それも企業からすれば痛くも痒くもない金額でしょうし、苦労した学生に還元される訳でもない。そんな有っても無くても変わらない罰金は最初から無かったと思い、政府が公表しなくとも学生同士で悪徳企業を認定できれば良いのではないでしょうか。

学生の皆さんには学生は会社に”雇ってもらう”のではなく”雇われてあげる”の意気込みで是非とも頑張って欲しいです。
ガッカリです。

経団連ルールには強制力がなく形骸化
→正直者がバカを見る状態
→ルール撤廃しようぜ!(賛成!)
→撤廃は学業に支障がでるのでダメ(詭弁)
→政府が作って外資やベンチャーにも強制力を持たせる
(まあ、これなら正直者がバカを見る訳じゃなくなるので妥協案としては賛成)

一周回って

⇒罰則無し、強制力無し

これは当初の目的を見失っている気がします。
そろそろ「朝ナマ」「ニッポンのジレンマ」などでディスカッションを見てみたいですね。もしかしたら、ガイアの夜明けで裏側を密着していそうですが笑
 
政府主導のルールって、改めて必要かどうかって話ですね。きっと、大手ナビサイトやエキスポと呼ばれるイベントの開始時期がデファクトスタンダードになるかなと。
 
グローバル競争が加速した複雑化社会で勝てる人材の、育成と定着をセットで考えた採用が広がるには、まだ時間がかかりそうですね。
【人事戦略デザイナーの視点】

ルール① 政府主導の新しいルールを守らなければならない

ルール②このルールに従わなくても良い

今年一番のブラックジョークです。
そもそも「学業への専念」を「目的」とした場合に、
このような就活ルールは「手段」として適切でなく目的を達成できません。

就活期間が長いから学業に支障が出るということはありません。
もはや何のためのルールなのかまったく理解困難な状況に。
政府が新たに設ける就活ルールに罰則等設けるということは絶対に不可能だろうし、企業名の公表も難しいだろう。こうなってくると、ルールの形骸化は進む一方になるように感じる。多くの学生、学校が就活ルールの維持を期待しているようですが、なし崩し的にルールが失われていくのではないでしょうか。
いわゆる骨抜き。