新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事読んでいたたまれない気持ちに。小4息子にも読んでもらうと「先生は、こういう風にいじめられてるのを知ってるの?ちゃんと見てよ!」と怒っていた。

小1娘に、身近に外国ルーツのお友達はいるか尋ねてみると隣のクラスにいるという。日本語はあまり分からない様子だけれど同級生や上級生と遊んだりふざけたりしてるし、先生は身振りで「着替えますよ」といったことを伝えている、と。近くの学生さん(母語が共通)が遊びにきてくれたこともあるという。

小学校低学年は遊びの中で親しくなれるのかな、と思いますが、せっかく日本に来てくれたんだから、もう少し何とかできるはず。労働者を「数」だけでみないでほしい。

自分もアメリカにたった1年だけど住んだ時、親切な同僚がいっぱい助けてくれたのを思い出します。保険で手違いがあった時は大学職員相手に電話口で怒って交渉してくれた。今も忘れない。
子どもたちのケアやサポートの充実は言うまでもないですが、大人が外国ルーツの子どもたちに、大人が外国ルーツの子どもたちの親に接する頻度を意識的に高めるべきです。

子どもたちが外国ルーツの子どもたちに対して違いを感じたとき、何か特別な感情を抱いたり、行動を取ったりするのは、親や大人の振る舞いが影響する部分があると思います。

日本人同士でも無関係、無関心でつながりのないひとたちと話をすることはありませんが、そこを意図的につながりを作り、積極的に関与する大人の姿は、来るべき日本の未来を創ることに他ならないからです。

外国ルーツの子どもたちと触れ合う自分の子どもを見たり、話を聞いたりすると、自分の子どもが見えている世界や触れている価値観がよくわかります。
海外ルーツの子どもたちへの適切な支援の不在が移民1世から2世への「貧困の連鎖」に繋がっていると語る田中宝紀さんの言葉。

「不安定就労に陥りやすいですし、10代で妊娠・出産する女の子も少なくないです。海外ルーツの人々の間で、すでに貧困が再生産されつつありますね」