新着Pick
493Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
目隠しして食べると味がよく分からないように、味覚は視覚や嗅覚とも関係している。したがって、素材や調味料から単純に味覚を計算するのは難しいと思われるが、「AIが作った絶品レシピ」を売り文句にすることは考えられる。
言いたいこともやりたいこともわかりますが、ものすごくハードル高くないですかね。技術面ではなんとでもなると思うのですが、人の感想をデータに変換するのが難しい。そこを人の主観にやらせている限りは限界があると感じる。もはや、ロボットに食べさせて味をデータ変換させるしかないのではないか。
たしかにこうやって味覚も分析されていくんですね。見た目、香り、食感など、「美味しい」と感じる要素も単純に味覚だけではないでしょうから、これだけでは終わらないんでしょうけど。でも、これまでと違うものの掛け合わせで新たな味付けの発見につながったりするといった、料理のイノベーションが生まれていくのかもしれません。
味覚はデータ分析のブルーオーシャンですね。
この例はテイストパネル(人)の味覚に頼っていますが、手軽に測れるようになれば、食品・飲食業界へのインパクトは計り知れません。

個人の味覚嗜好の違いが測れるようになり、パーソナライズされた味付けが未来の自動調理の姿かもしれません。
人間の前提情報と色の要素の掛け合わせで美味しいを定義する。
人間は複雑だから難しい