新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>計画的に制御するのは果たしてどうか、というコメントしている方がいたので、遅ればせながら。

太陽光発電を制御しなければならないかどうかは、本来は当日そのタイミングでの天候等にもよりますが、なぜ前日に決めて発表するのか。
出力制御システム(PCS)が付いていないメガソーラーでは主任技術者に実際に現場に行って発電を停止してもらう必要があるからです。
再エネの出力を制御するために、電話あるいはファックスで連絡して対応してもらうので、週末だから人がいないなんてことにならないように、前日に発表しているわけです。このデジタル化の世の中で、信じられないかもしれませんが、九州電力さんはこういう電話連絡の訓練までしています。
旧電力会社の中央給電指令のように全てセントラルでコントロールという訳にはいかないメガソーラーもけっこういるのです。
北海道の停電の後、しばらくメガソーラーは系統から切り離されていました。それは通常であれば火力発電を余力をもって運転し、再エネの変動を吸収するのに、あの当時は100%の力を発電に回す必要があったからですが、多少余力が出てきたところで再エネに復帰を要請したら「いま週末なので人がいなくて対応できない」と断られるという事案が多く発生。
『「エネルギー供給事業者」なら、そりゃないよ・・』と多くの関係者が思った事案でした。

いま九州電力の管内では、かなりPCS付のメガソーラーが増えていますが、まだ無いところも多いのです。
PCS導入は早急に進めるべきですね。
・とりあえず作って安く売ればいいじゃない
・とりあえず作って流してしまえばいいじゃない

というご意見があろうかと思うので、これについて誤解を恐れずできるだけわかりやすい例えを。

「電気」をバケツに入れた水に例えましょう。
それを一定の速さのベルトコンベアにのせて運ぶのが送電。
バケツを別の場所に保管しておくことはできません。

需要と共有のバランスが丁度良いときは何も問題がおきません。
需要が大きすぎたら?ベルトコンベアの先でユーザが水を取り合って大混乱。最悪大停電。
供給が大きすぎたら?受け取ってくれる人がいないのにどんどん来るので水はひっくり返りひどいことに。これも最悪大停電。

価格の問題ではなく、安かろうが高かろうが、ユーザがいないのに来てしまうことが問題。それが発電の難しいところ。実は超絶巧妙なバランスの上に成り立っています。


同じく、先に止めるべきは原子力や火力ではという議論もありますが、そもそもそれらの電力は、特に原子力は急に出力を上げたり下げたりできないので定常的に利用される分を供給しています。定常的に供給しなくては行けない分の電力が天候や風向きに左右されたら?それこそ世の中大停電です。
原発と太陽光では、コストが全然違います。

1キロワットあたり原発だと10円強。
太陽光は、今35円くらいでしたっけ?

九州電力も民間企業である以上当然の措置です。
これは、経営判断のレベルであって、原発の存在や可動云々とは全く別問題です。
今日の関東は曇りです☁

天気予報と大雑把な需給予測で、『計画的』に抑制するのは、果たしてどうなんでしょう?

系統制約のことは、とーぜん言われてますが、昼に揚水や蓄熱などをフル稼働させたら、どれだけ『きゅうしゅう』できるのでしょうか?(「フル稼働」というのは、計画停止の前に上の貯水地を空にして、本当に強制停止するまでには満杯にすることを言います。余力をとってたらフル稼働ではありません。)

太陽光を抑制して、CO2負荷はどれだけ増えるのでしょうか?もちろん、ライフサイクルベースで。

実績は残せたとして、冷静な検証は不可避ですね♪

きゅうでんのきゅうじょうは、十分理解できますが、日本や地球の視野で、考察が必須です。

小さな積み重ねが、温暖化と恒常化しつつある異常気象を招くのですから。
へぇ、これは太陽光発電を制限する原因になるか。大規模停電を防ぐために、より独立した太陽光発電を促進していくべきではないか。
記事を読んでもほんとうの意味がわからない。
原発は危険ではないのか。
福島の教訓をさっそく忘れたいのか。
この程度なら、連携線やら蓄電池よりも圧倒的に止めるのが低コスト
太陽光発電はオワコン

- バブル崩壊

太陽光発電 買い取り価格が高かった時期に経済産業省の認定を受けながら発電を始めていない事業者の買い取り価格を減額へ
http://anonymous-post.net/post-2705.html

- 自然破壊

日本では至る所で自然エネルギーという名の下に全国各地の山々が削られソーラー発電施設が設置されていく

ソーラーパネルの法整備が急務
https://www.sankei.com/column/news/180816/clm1808160004-n1.html

- 環境汚染

太陽光パネルには鉛、セレン、カドミウムなどの有害物質が含まれている

2040年、太陽光パネルのゴミが大量に出てくる
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/taiyoukouhaiki.html

- 電気代高騰

太陽光発電の普及率で先を行くドイツでは家庭用の電気料金単価が2000年の2倍以上にまで高騰した

FIT で電気料金高騰 ドイツの事例に何を学ぶか
https://bt.sugoene.com/2019/electricity/what-to-learn-in-germany/
同じことが原発止まってる北海道で起きたら「石炭火力優先」と書くだろうか。

再エネをもっとうまく使う方法があったほうがいい、という意見には賛成ですが。
九州電力株式会社(きゅうしゅうでんりょく)は、福岡県福岡市に本店を置く電力会社。 ウィキペディア
時価総額
3,959 億円

業績