新着Pick
747Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集の最終日は、放送作家の鈴木おさむさんのインタビューをお届けします。
鈴木さんは、長らくテレビ業界に関わられながら、UUUMの顧問も務めるなど、テレビとYouTubeの両方へ見識が深く、非常に興味深いお話ばかりでした。

特に面白かったのが、核心部分の動画の未来について。今YouTubeはテレビを凌駕しようとしていますが、その栄光が長く続くかは、まだわかりません。5年後、10年後に「テレビ復活」という特集ができたら、とても面白いなと思います。

本日まで1週間お付き合いいただき、ありがとうございました。
最終回の今日は、放送作家・鈴木おさむさんのインタビューです。特に興味深く感じたのが、視聴率についての議論。テレビ局のビジネスモデルが視聴率に依拠している以上、「視聴率なんて気にしなきゃいい」とはなりづらい。なんの数字を指標とするかで、コンテンツの作り方にも影響が出るというのは難しい問題だなと感じました。
泉記者のYouTuber特集を通じ、様々な方を取材する中、改めて動画コンテンツは興味深い表現手法だなと感じました。今後も学びを深めていきたいです。
きっとTV業界に鈴木氏のような人が増えれば世界は変わります。TV業界は、どこか自分達は特別でインターネットの世界を二流にみてしまう傾向から離れられません。自分主体すぎるから視聴者が見えないし、YouTubeで何が起こっているかもわからない。鈴木氏のように一流のTVマンは視聴者目線だからヒット番組を生み出せるし、ネットも利用したりコラボさせたり出来てしまう。まずは、TV業界の方々には、この記事を読んでいただきたい。ついてこれるかは疑問ですが、、、
ウェブメディアも同様ではないかと思います。
スピードが求められる分、正確性や著作権は曖昧で、誤字脱字や誤情報も多い。

>今はちょうど微妙な狭間の時期で、あいまいになっていますけど、いつかきっと「良い・悪い」のラインがきっちり引かれると思います。

「紙面と違い、間違っていたらすぐに削除できるため、正確性は担保していない。ウェブニュースの場合、記事内容の正確性等はライターの責任としており、ノーチェック。もらった原稿を掲載するだけ。」と言われたことがあります。

当時は衝撃でしたが、ウェブニュースに対して、今ではそんなものとして注意しながら読んでいます。
新聞はお墓の広告が多いは笑った
確かに地方に仕事に行ってもホテルでテレビを見る事がなくなってしまったと感じる、今も朝起きてまずスマホを見てそれから出かける準備をしてます。見たい時にチョイスできるスマホに全て集約されていくのかなと感じるね。
Youtubeとテレビの共存論の現状が「丁寧に」語られている記事だと感じました。テレビや新聞などメディアは結局、「装置産業」の側面が大きいので、

1.若い頃にテレビとスマホどちらの装置を先に個人が持つか?
2.起動や視聴がどれだけストレスがかからないか?

が先にあり、その上で

3.コンテンツがどれだけ魅力的であるか?

という順だと感じます。ですので、僕がもしテレビ局のCEOならテレビのハード自体を開発かMaし、スマホやかつてのブロードバンドのように「バラマキ作戦」をするのかなぁ、と思います。

勉強になりました!
サイマル放送開始後の映像業界がとても楽しみ。テレビのプロが本気でスマホ向けに創った番組を早く見てみたいです。

テキストの世界も、今では紙出身者がウェブに多く参入し、ハイクオリティなコンテンツを創っています。優れた創り手は、TVでもスマホでもきっと適応できるはずです。
なんか、このテレビとYouTubeの話しって、20年前にネットと雑誌で起きたことと同じような感じですよね。

ここにきて驚いているようならテレビ業界は20年何してたのかって話になってしまう。

まあどちらも生き残るんでしょうが、コンビニの雑誌コーナーがイートインスペースになったように、テレビというデバイスがどうなるか、方向の方が考えていて面白い。

コンテンツとしてはインタラクティブ、コミュニティって方向にはいかざるを得なくて、テレビ制作の構造(≒お金と経験値?)でどこまでYouTuberと違った切り口が見せられるか、ということなんでしょうかね。

Netflixとかはお金もあるし、経験もある人を持ってきているから、YouTubeどころじゃない脅威ではあると思いますが。
凄くまとまりの良い特集でした。ありがとうございました。

Youtubeとテレビの違い、そしてそれぞれの弱点などについて纏めて頂きました。
読んでいて、もはやテレビの強みは画面の大きさと容量を食わないことぐらいしか無いのでは?と感じてしまいました。

コンテンツやスピード感の縛りが強すぎるテレビと、Youtuber同士切磋琢磨しながら物凄いスピード感でコンテンツを生み出し続けるYoutubeの世界。
単純にテレビはオワコンとは言いませんが、コンテンツ次第の世の中にどんどん変わっていっていることを感じます。
ネット動画をよく観るようになって、改めてテレビの完成度の高さを感じます。特集最終回は、鈴木おさむさんという双方の最前線で「ものづくりをしている人」だからこそできる、極めてフェアな分析だと思いました。テレビ業界側がこのまま「忖度コスト」ばかりが上がり、自滅しないことを願います。