新着Pick
3509Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
私のような世代、私のような業界にいる人間には大変ためになる企画です。既存メディアのエゴ的視点から言いますと、インターネットによって登場したブロガーたちは新聞にとっての脅威でした。私たちは新聞記者は、素人と専門家の間に棲息する人種であり、長くその立ち位置は重宝されてきました。ところが、専門知識を持つ人が分かりやすい言葉で、文字数制限もなく説明するブログは、新聞の弱さを見事に突くものでした。
ユーチューバーというスマホ動画時代が生んだ新人類は、テレビ、ラジオをはじめすべての既存メディアにとっての脅威です。彼らは既存メディアへの接触時間を根こそぎ奪い、これまで既存メディアに流れていた広告費も収奪しています。一方で、自分の身の回りの日常空間をエンターテイメントや芸術に変えるアーティストでもあり、既存メディアの魅力のなさを容赦なく浮き立たせる存在でもあります。
大変な時代になりました。
今回の取材のためにたくさんのYouTuberを調べましたが、個人的にハマったのが冒険YouTuberの「ジョーブログ」でした。

アメリカを無一文で横断したり、スラム街の実態を撮影したり。投稿されている動画に好奇心をくすぐられ、ついついリンク動画をクリックしてしまう毎日でした。

特に圧巻だったのが単身で乗り込んだ北朝鮮レポート。メディアもなかなか訪れないようなディープスポットの動画を見て、記者としての存在価値を考えさせられました。

タブーも少なく、果敢に破天荒な企画に挑戦するYouTuberの動画には、かつての深夜番組のようなめちゃくちゃさがあって、見ていてワクワクさせられます。

今回は、全部で約3万人いるといわれる中から、NewsPicksが選りすぐりのYouTuber10組を厳選しご紹介します。デザイナーのイラストとともに、ぜひご一読ください!
ちょっと前まで「YouTuber=なんか若い=理解できないモノ」だと
決めつけて一切見ることがなかったんですが、

何かのきっかけでゆうこすのチャンネルを覗いた後、おすすめ動画にあがってくるYouTuberたちの
動画もまとめて見たことがきっかけで、まんまとハマってしまいました。

いまでは何個もチャンネル登録をして通知があがれば欠かさず見に行っています。

さて本記事は、このYouTuber特集を楽しんでいただくために
かつての私のような、「理解できない」とか「誰がどういう人なのかサッパリ」という方に
基礎編として、ぜひお読みいただきたいなと思っております
イラストも多めで楽しい内容です!

泉記者も書いていますがわたしもこの10選のなかだと「ジョーブログ」さんがピカイチでした。
2年くらい前から、新規参入が劇的に厳しくなってる。今回取り上げた10組はすでに2年前にはトップだった。塗り替えられていない。完全なるレッドオーシャンに見えるが梶原さんがどこまで行くかは見守りたい。ただ、今はtiktokの影響力に興味がある。
Googleは、広告収入を減らしていく方向だと思います。
しかしYoutuberの収入ベースはもっと増える。

というのは、周辺ビジネスへの展開する機能を網羅しはじめた。米国では、Tシャツ販売のTeespringとの提携、グッズ販売、クラウドファンディング、さらにはファンコミュニティサイトの運営など、主要な会社を網羅しはじめて、Youtube生態系をつくりはじめています。

この結果、いまは一部のものだけが収入を得る世界が、誰もがある程度、収入が得られるようになっていくはず。もはや就職して働くインセンティブはなくなりますよ、これは。
面白いです。中身もですが、コンテンツメーカーとしては、ニューズピックスが「特集の勝ちパターン」を見つけたのかな?と思いました。

この記事自体に載っている情報は誰でも探せば見つかるレベルだと思うのですが、それをスマホのUIに最適化させたインフォグラフィックで「最強にわかりやすく」「ややおじさん向け」に届ける。

これは実は他のメディアでは出来ない戦略で、なぜならこの前提には高い「アプリのDAU」と「プッシュ通知開封率」があるから。そしてこの二つを兼ね備えているのはNPぐらいだから。

ということで、話は全然違うものの、NP金泉さん体制になり、新しい勝てるフォーマットを見つけたのではないか?と推測しました。
今回の特集をやるまでは、「YouTube?」という感じであまり見たことがありませんでした。でも、大学生などに話を聞くと毎日数時間は見ているとの声が。
とはいえ、マーケティング目線で考えると、「若い人たちにささるプロモーションがしたいからYouTuberを起用しよう」た思いついたとしても、具体的にどのような人がどの層に刺さるコンテンツを作っているのか、あまり知られていないのではないでしょうか。第1話では、すなださんのイラストとともにYouTuberたちを徹底解説しています。
最近よく見るよYouTuberの番組。何がいいって、編集が甘くて冗長になってもdouble tapでスキップできるからテンポを自分で作れる。この手の話はもはや高校生や大学生世代の方が、我々30.40代よりはるかに詳しく、この記事の内容などはもはや彼ら彼女らにとって常識レベル。
実は…9年前に拙著「法律力養成講座」のPRでユーチューバーになりました(笑)

まだ普及率が低かったせいか、あまり宣伝効果はありませんでしたが、コストがほとんどかからなかったのが一番でした。

https://www.youtube.com/watch?v=KW9Q9eDteug&t=29s

よろしければ、御覧ください(*^^*)
先日弊社の関連ビジネスで中国のインフルエンサーに店舗商品(カジュアルウェア)の紹介をしてもらいました。実況中継なのですが、その時の視聴人数がなんと1,000万人。この人数にはさすがに驚かされました。中国の人口は日本の約10倍とはいえ、インフルエンサーのパワーはすごい。テレビ広告ではこれだけの成果は期待できません。この記事はYouTubeの生い立ちから、インフルエンサーのトップ10の紹介まで、わかりやすくまとめてあります。時代の変遷を感じるなあ。