新着Pick
64Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ひとりの看護師の価値がものすごく大きい場所が、この世界にはある。私はそこに行きます」。世界中の紛争地で活動する国境なき医師団、白川優子さん。どこにどんなニーズがあり、そこで自分ができることは何か。行動する原理がすごくシンプル。
重い言葉の数々。身体に気を付け、頑張って欲しい。
すごい方。
関連記事一覧
南スーダンの男性助産師、赤ちゃんを救うために大奮闘! | 「国境なき医師団」の最前線から Vol.10
クーリエ・ジャポン
5Picks

近代医療と慣習の間の「救える命を救えない」ジレンマ|「国境なき医師団」の最前線から Vol.04
クーリエ・ジャポン
5Picks

サッカーの試合中に銃撃戦と大雨──惨劇と幸福が混在するコンゴの日常 | 「国境なき医師団」の最前線から Vol.05
クーリエ・ジャポン
2Picks

「医都」神戸 次なる躍進 スタートアップが起爆剤
日本経済新聞
2Picks

大谷翔平が日本の医師団からのセカンドオピニオンを望む理由。
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

アメリカ国境で監視を行うMQ-9ドローン
dronenews-japan.com
2Picks

ジュバの宿舎の流儀とは---いとうせいこう『まだまだ国境なき医師団を見に行く』(南スーダン編2)(いとうせいこう)
Yahoo!ニュース 個人
1Pick

紛争地のスーパーマーケット---『まだまだ国境なき医師団を見に行く』(南スーダン編3)(いとうせいこう)
Yahoo!ニュース 個人
1Pick

南スーダン紛争のおさらい----『まだまだ国境なき医師団を見に行く』(南スーダン編4)(いとうせいこう)
Yahoo!ニュース 個人
1Pick

デジタルで距離ゼロ 「国境」決めるのは自分
日本経済新聞
1Pick