新着Pick
881Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ざっくりすぎる報道ですね。。
↓のような記事もあり、総務省には一定のファクトをもって進めていこう、という期待感もあります。
https://newspicks.com/news/3375673?ref=user_273796

単純にテレビ東京の報道の質が低いだけだと願いたいです。政権幹部がすでに5000円とターゲットを決めているようだったら、それはそれで期待できない動きだと感じます。
価格の最終決定権は民間企業側にあるため、どういったルール整備で誘導するかがキモなので、ざっくり5000円なんか言い出したら、0円ケータイ規制の二の舞で、複雑化を招くだけでしょう。
8000円って、端末代金の割賦や不要なオプションが入ってませんか?

そんな高い???

※追記
よく読むと
>政府は、現在月8,000円程度の大手携帯会社の料金を月5,000円程度にまで引き下げるよう・・・<

>総務省の家計調査をもとに計算すると、1世帯当たりの携帯料金は毎月8,300円あまりでした。<
これって整合性取れていますか?

1世帯当たりの携帯料金8300円は、妥当と思える数値です。
ですが、冒頭部分は一人8000円→5000円に抑えるというように見えます。

1世帯3人がスマホを使うとして、DMMモバイルでも
・シェアコース
・10GB(一人あたり3GB)
・全員、通話SIM
だとして、4000円。それに通話代が乗っかるともっと高くなります。

ということで、冒頭の8000円→5000円というのは世帯ではなく一人当たりのように思えるし、だとしたら本当に一人当たり8000円が平均なの?という疑問が残ります。いらないオプションに加入したり、dマガジンのような通信料とは別のお金を盛り込んでいたり、端末代の割賦が盛り込まれているのではないでしょうか。
MNOへの批判だけでなく、消費者の意識も変わらないといと。
料金プランの簡略化は端末と通信の分離でしょうか。これから主力機種になるであろうiPhone XRの価格が98,496円(docomo)。24回払いで月々4,104円。通信料金等も含めて、消費者も自分で考えないといけない。

5,000円は5GB、20GB、どちらの料金を言ってるのだろう。引き合いに出されている総務省のデータ(カッコ内はMVNO)では、
5GB 7,562円(3,242円)
20GB 8,642円(6,050円)
となっていて、その差は約1,000円。
それぞれ4割値下げすれば、
5GB 4537円(3,242円)
20GB 5,185円(6,050円)
20GBではMVNOを下回り、5GBは700円高い料金になりますが、これではMVNOの価格競争力は殆ど無い。MVNOの料金が月3,000円程度と記事にあり、これは20GB(音声通話込み)の料金を言っているのだろうか。そうでなければ3,000円という料金に競争を促す効果は全く無い。接続料の改定で料金も下げる余地はあっても、20GBは半額、5GBも相応の値下げが必要で、MVNOは一層厳しくなりそう。MVNOの統合、再編も兼ねているのかな。MNOに圧力を掛けられる存在になれば良いけど、単なるMVNO潰しで終わる可能性もありますね。MVNOの存在意義は無くなって、大多数の人には不要となっていくのかも。

『平成29年度 電気通信サービスに係る 内 外 価 格 差 に 関 す る 調 査』
http://www.soumu.go.jp/main_content/000574457.pdf
現在平均8000円程度の大手の携帯料金に対して、総務省は5000円程度まで引き下げるように促す方向が明らかになってきたとのこと。
Android Oneを使えば、機種代金含めて月額5000円は実現可能な価格帯だと思います。iPhoneやXperiaやPixelを選ぶと、月額8000〜10000円になるのは変わらないだろうけども。
携帯料金が下がるとアパレルの売上含め、
流通業は機会が増える。
SIMフリースマホが圧倒的に安くて便利。SIMカードもSIMフリースマホもアマゾンで購入可能です。ウェブサイトのぞいてもらえるととても嬉しいです。
株式会社テレビ東京ホールディングス(テレビとうきょうホールディングス、TV TOKYO Holdings Corporation)は、2010年10月1日に設立された認定放送持株会社。 ウィキペディア
時価総額
776 億円

業績