新着Pick
249Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先行されているメーカーさんが公表されている情報を聞く限りでは、実験計画自体の効率化や新規材料組成の探索などがAI活用のテーマとして多いようです。特に新規材料は筋の良い材料が一例見つかるとそれに近い組成の周りのみ集中的に研究してしまう傾向があるので、より広く探索範囲を広げるのにAIが向いているようで。
研究職は、AIをツールとして使いこなす必要があると感じています。
どの試薬を何%入れて何℃で何分熱すると、強度、柔軟性、耐熱性などの物性がどう変化するか、何回も実験して最適なバランスを見つけるのが化学系の研究開発だとすると、実験の数とバリエーションが増えれば増えるほど、AIで最適バランスを見つける精度が向上する。

各企業が研究開発にAIを使い出すと、膨大な実験を実施できる資金力とバリエーションを生み出す発想力が競争力となる。