新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【人事戦略デザイナーの視点】

=当事者の大学生の皆さまへ=

お金を稼ぐにはどのような選択肢があるのか?

そのためには、何を勉強すれば良いのか?

そもそもお金を稼ぐとは、どういう意味があるのか?

社会貢献と稼ぐということは、両立するのか?

そもそも、何を成し遂げるために生まれて来たのか?


こういうこと自力で考えて行動してきた学生を、私なら採用したいと思います。

社会に出ても決めごとは大事、でもルールを自分で作ることも必要になります。
政府や大学は学業を理由に就活のルールを決めるべきといっていますが、このアンケートはどうなのでしょう?学業に専念したい人と、遊びたい人と、「他の人にフライングされるのは嫌だ」という人と!色々混ざっていると思います。

「他の人にフライングされたくない」心理は企業側にもあるはずですが、それで良いのかなあというのが私の感想です。ルールを決めると、ルールのなかで一番動けるところが強いです。就活が短くなればなるほど大企業が強いです。知名度があるから。
これは端境期にある学生たち(要するに回答者たち)の気持ちを考えれば当然の結果だと思います。とはいえ、新卒一括採用、4月一斉人事異動という日本社会の最も不可解で生産性を下げているであろう文化がなくなれば「新卒」というプレミアムが薄れ、企業は中途に手を伸ばしやすくなると思います。生産年齢人口が激減しており、幸い景気が良いので直ぐには問題にならないでしょうが、雇用需給が緩んだ時にこのルール変更は非常に大きな影響を持ち得ると思います。
有名無実化しているルールであっても、あれば一つの行動基準になります。

企業も学生も、疑心暗鬼で戦々恐々という状態に陥るのを避けたいのでしょう。

これを機に、新卒一括採用というシステムをなくすことが望ましいのではないでしょうか?
卒1卒2であれば、新卒と年齢的に変わりません。
双方にとってメリットがあると思うのですが…。
まぁ、答えのないものへの不安感の問題でしょう。横並びのが安心!僕も典型的に日本人ですので、感覚的にはそう。実際そうするかは別として。

みんな、マイペースにやってても、マジョリティは3年目くらいから探し始めて4年目早々に決めるとかいう感じで、そのうち2年目から動く人がメインになり、、、とか言ってる間に色んなキャリアプランがアリだよねってなっていくのかと思います。
iPhoneが出る前にそれがいいかどうかを聞いているようなもの。。。

そもそも法律では無い上に、ルールがあるかないかよりもそもそも大学そのものが必要か/何を提供すべき場所かや、そもそも勤めるのか/1社に勤めるのかなどが問われている時代です。

論点としても小さすぎる。
卒業後であかんのか
熱量のある人が夢中になればなるだけ成長し続けてしまうので、ルールを作ることにはあまり意味はないと思います。
 
それよりも就職活動と実務の「理想と現実のギャップ」に、もっとフォーカスしても良いのではないかなと思います。
 
生産性を上げるとか、働き方改革とバズワード化されて流行りものとして扱われていますが、そもそもの「仕事」に対する意識も理解も、学生の時期からもっと深めてもいいと思っています。
 
採用のしやすさや、就職活動の動きやすさは短期的な視点に陥りがちです。大切なのは社会に出てから活躍できるかどうかです。
自頭と忍耐力と要領の良さを基準に選考するなら就活ルールは意味をなさないだろう。
どの大学に入ったかは高校時の成績を意味するので、相応の大学に入学できた時点で要件はクリアできているからだ。
採用選考が面接(性格)重視なら、大学4年時に聞いても意味はある。何を重視するかで大学入学と同時に選考するか、大学4年時に選考するかが決まる。若いワインのうちに飲むか熟成を待つかは好みの違いだ。たいしたことがない銘柄が熟成して化けるかもしれないし、やはり若いうち飲んだほうが飲み時を捉えることができてよいという考えもある。
この記事を読んで、「自由からの逃走」という言葉を思い出しました。
自由が苦しいのでしょうね。

そもそも就職活動は大学卒業後からでも良いのではないでしょうかね?
株式会社ディスコ(英語: DISCO Corporation)は、シリコンウェハー加工機器のトップメーカーである。広島県の呉市で創業した。 ウィキペディア
時価総額
9,656 億円

業績