新着Pick
169Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやぁ、アノマリーの検証として面白い!

伸びている=リスクをとった成功体験がある。そういうときはリスクを取る循環があるし、人間は成功体験に引っ張られるもの。あとはそもそも伸びているから手狭になったり、もっと良い人材を取りたいという実際の課題もある。
ただ、生存者バイアスというか、これまで成功してきたからといって成功が必ずしも続くわけではない。楽観し過ぎて、それが裏目にでることも少なくないだろう。
2年後に減益したのが36%ということで、増益をしている会社のほうが多いのも事実。ただ減益した会社の移転理由がポジティブなものであったのに結果減益になっているというのは、楽観し過ぎたと考えるのは一定妥当かなぁと思う。
ただ、伸びているときにリスクを取るからこそ成長が続くのも一面の真実。成長すれば雇用含めて社会価値もあり、だから経済的にはアニマルスピリッツが重要で、一概に悪いことともいえないと、事業会社にいる身としては思う。

業種単位で見ていくと、経験則的には製造業だけど本社が豪華になっていくと、本社と現場・工場の隙間風が生まれていくような気はする…1円単位の原価低減を頑張っているのに、この豪華な工場は何だ、的な感情も生まれてくることもあるだろう。
勤め先の本社は、入社時は銀座の一等地でしたが、今年から大田区の環七沿いに引っ越しました。業績悪化も理由の一つです。営業活動が重要な会社は本社の場所は結構大事で、販促ツールの役割も持っていたりするので、経費として割り切らなければいけない部分も多いにあると考えます。
会社としてのゴールをきちんと定義して、それに向けてどんな場所を求めるかを考えれば良いだけですね。特に今はどこでも働けるツールが揃っていて、従業員も場所に縛られない働き方を求めているのですから。
ちなみに、本社というと、他の事業所よりも一番コストが高い割に、人事や総務や経理と言った間接業務の人達が快適な環境で働いているイメージです。彼らこそ、どこでも働ける仕事内容なんだから、本社から切り離すべきだと思います。もしくはアウトソーシングですね。
本社の新社屋が建つとピークアウトするという説もあり、その説の方が明確に傾向出そうだなと思いました。本社移転だけだと単に本当に成長していて社員増加率が高い会社で増収増益の会社も多いはずで、実際6割以上が増益している、という話ですよね。

特に社員数が2桁、3桁台の新興成長企業だと移転は2-3年おきの恒例行事だったりしますのでさして特別なタイミングではないケースも多いです。
ワークプレイスの業界にいる者として、プレスリリースが必ずしも正しく内情を伝えているわけではないと知りつつ、資料価値がとても高い調査だと思う。しばしば経営者の安心(慢心?)が本社移転を後押しするが、それが社会の安定とは必ずしもリンクしないということ。
ユーザベースは移転したばかりですね。注目です。
面白い分析ですね。都市伝説の裏を取るという感じでしょうか。
結論は意外に悪化してないと見て取りました。

ちなみに私が聞いた都市伝説は本社移転、ではなく、「自社ビルを建てたら業績悪化する」なんですが、SPEEDAさんにいつの日か確認してもらえるとありがたいです。
この連載について
ビジネス・経済に関する最新の話題を知るための、NewsPicks編集部オリジナルのランキング連載。